ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

美しい町ラヴェンナのカワイくて楽しい発見

a0091348_10415567.jpg


1年ぶりに訪れたラヴェンナ
もともと、なんともおしゃれなセレクト・ショップや、気になるカフェ、ジェラテリアなどがたくさんある・・・とは思っていたのだが。

昨年は全く気がつかなかったから、おそらくこの1年の間にできたものだと思われる、これ


a0091348_10463296.jpg


町の通りや広場の名前を記す、イタリアの町ならなくてはならない標識だが、なんとカラフルなモザイクと陶板でできている。

a0091348_10445975.jpg


a0091348_10454466.jpg


そしてもう1つは、通りに置かれた植木の鉢。並木を植えるほどの幅のない狭い通りに、緑の植木の鉢があると、それだけで美しさがぐっとアップするものだが、その鉢がまたオリジナル。モザイクのテッセラ(石片、ガラス片)で模様が埋め込まれている。

a0091348_1048205.jpg


a0091348_10485373.jpg


a0091348_1050728.jpg


モザイクの町、ラヴェンナにはモザイクの専門学校や修復学校がある。よく見ると、学校の名前が刻まれているものもあったから、そこの学生さんたちの作品なのだろう。あるいは、市が内外から公募などして実現したのかもしれない。どれも、さりげなくおしゃれ!

a0091348_1051275.jpg


a0091348_10515343.jpg


a0091348_105215100.jpg


a0091348_10542823.jpg


a0091348_10551078.jpg


テーマパークでも、ショッピング・モールでもない、ふつうに生活している人のいる「町」がこれなのだから、すごい。鉢はともかく、標識はあくまでも実用品。

いくらすてきだからって、じゃあ例えば誰もがこれをそっくりそのまま真似したらいい、というものではない。モザイクで知られる小さな町、石畳にレンガの建物と、モダンな建物が共存する町並みだからこそ、これが違和感なく、だが、ちょっとしたアクセントを添えて馴染むのだと思う。

・・・というわけで、興奮して撮りまくった写真を一気に公開!

a0091348_1121845.jpg


a0091348_1125879.jpg


a0091348_1133434.jpg


a0091348_10561726.jpg


a0091348_10564356.jpg


a0091348_10571345.jpg


a0091348_10574344.jpg


a0091348_1058658.jpg


a0091348_10582935.jpg


a0091348_10585293.jpg


a0091348_10591425.jpg


a0091348_1059389.jpg


a0091348_111328.jpg


a0091348_1113235.jpg


大好きなラヴェンナの町が、ますます好きになってしまった。

a0091348_1172058.jpg


28 settembre 2010
[PR]
by fumieve | 2010-09-29 11:08 | ほかのイタリア
<< ミラノ・コレクション2011春... 色の洪水、模様の競演~ラヴェンナ再訪 >>