ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

スイスといえば・・・

a0091348_962128.jpg


イタリア語が標準だからといって、ルガーノはやっぱりスイス。
そして、スイスといえばチョコレート。




a0091348_995852.jpg


ケーブルカーを降りて、やみくもに歩きだした途端に、気になるチョコレート屋さん、発見!
広いウインドウに、おいしそうな生チョコレートが並んでいるのに、店内では、市販のチョコレートの箱なども売っているのはちょっと不思議といえば不思議。ある意味、やはり、チョコレート専門店、ということだろうか。

Merkur Confiserien AG
Via Pessina 10
6900-Lugano
Tel. 091 923 28 69
www.laederach.ch

サイトを見ると、東京にはショップがあるようだが、イタリアにはもちろんゼロ。まあ、驚かないが・・・。

a0091348_912966.jpg





そして、同じ通り、ほぼ斜め前のお店で再び目が釘付け!

a0091348_915065.jpg


イタリア、いや、少なくともヴェネツィアには存在しない、モンブラーーーン!!!
もちろん、中へ直行。
広いガラスのショーケース、ほかにも魅力的なお菓子がいろいろあったが、この日はもう見向きもせずに、モンブランをオーダーして、席へ。

a0091348_9162767.jpg


モンブランにつられて表の看板もろくに確認せずに入ったが、いかにも老舗のカフェ。
イタリア(・・・ではないけど)の町のこういうカフェは、味や雰囲気はもちろんのこと、サーヴィスがよくて気持ちがいい。

a0091348_9181998.jpg


・・・それにしてもこの手のケーキ、栗だから決して白くないのに、なぜ、モンブラン(mount blanc)、「白い山」???
ここでは何と呼ぶのかと思ったら、単にアッラ・カスターニャ(alla castagna、栗風)と呼ばれていた。

パスティチェリア(pasticceria、お菓子屋)兼カフェだと思って入ったのだが、奥はきちんとしたレストランのよう。

a0091348_9204745.jpg


Ristorante Grande Café al porto
Via Pessina 3
CH-6900 Lugano
Tel. +41 (0)92 910 51 30
www.grand-cafe-lugano.ch/

3 feb 2011
[PR]
by fumieve | 2011-02-04 09:02 | 異国の旅
<< 夕焼け小焼けに日が暮れて・・・ ルガーノのケーブルカーは住民の足 >>