ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

久々のヴェネツィアは・・・

a0091348_7361691.jpg


ここのとこ、行く先々で春のような明るい陽気の暖かい日が続いていたから、朝、窓の外を見て久々の本格的な霧にびっくり。
そういえば、ちょうど3週間前も、霧続きで寒かったのだが、今日の霧は、ほんとに一寸先も見えない。目の、すぐ前が既にかすんでいて、コンタクトが曇っているのかと思ってしまったくらい。




a0091348_7374117.jpg


かもめの向こうにうっすらと何かが・・・

a0091348_7381759.jpg


・・・ゆ・・・

a0091348_7385613.jpg


幽霊船!?

a0091348_7393747.jpg


・・・いやいや、ふだん見かけぬ、どうやら美しい帆船らしい。
明日晴れたら、もう一度見に来よう。

a0091348_7353932.jpg


a0091348_7344458.jpg


a0091348_7331272.jpg


a0091348_7365331.jpg


10日間ほどめまぐるしく動いたあと、実は久しぶりにヴェネツィアに戻ったのだが、こうしてヴェネツィアを歩いていると、気になるのが足元。

a0091348_741730.jpg


無数の運河にかかるたくさんの橋は、それはもうそういうものと慣れているせいか、全く気にならない。ところが、足元の石畳に、段差や凹凸、挙句の果ては結構な傾斜のついているところまであって、ヴェネツィアは(橋の上り下り以外は)限りなく平地、と思っていたのに、そのつもりで歩いていると、足にかなり違和感がある。

a0091348_7413815.jpg


もう1つ、違和感を感じたのは言葉。

a0091348_747195.jpg


郵便局でもスーパーでも、こちらが話しかけて通じない、ということではない。
だが、ヴェネツィアの人同士がしゃべっている言葉が、完全に外国語に聞こえる。

a0091348_7475680.jpg


a0091348_7482176.jpg


a0091348_7484857.jpg


もともと、しょせんはヨソモノだと思っているが、見慣れた風景にも関わらず、この霧のせいもあってか、何か頭にぼんやりと霞がかかっているような気分・・・。

a0091348_7514582.jpg


8 febbraio 2011
[PR]
by fumieve | 2011-02-09 07:53 | ヴェネツィア
<< 今日は快晴。 47年の歴史。チェゼーナといえ... >>