ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

イタリアも祝祭ムード 前法王ヨハネ・パウロ2世列福

a0091348_5483675.jpg


6年前に亡くなった前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世(イタリア語ではジョヴァンニ・パオロ2世)が、昨日4月30日、ヴァチカンで福者に列せられた。
「福者」は、いわゆる凡人と「聖人」の間の人。何より「聖性」があったかどうか、そして生き方そのもの、布教への献身など、生前の宗教的活動はもちろん、「奇跡」を起こしているかどうかなども問われる。

「聖人」になる前のステップだが、「福者」全員が「聖人」になるわけではなく、またさらに厳しい審査が行われることになる。

カリスマ的人気を誇った前法王が亡くなったとき、弔問に訪れた多くの信者の間から「すぐに聖人に!」(subito santo!)の声が繰り返し上がった。
今回もまた、現法王ベネディクト16世が「列福宣言」をするや否や、Subito Santo!の声があがったという。

・・・と、ニュースでは数日前から、英国王室の結婚式に引き続き、列福がらみのニュースであふれかえっている。
・・・でも実は、それはニュースの中だけの話で、ヴェネツィアはまったくいつもと変わらない。

1° maggio 2011
[PR]
by fumieve | 2011-05-02 06:04
<< 「告白」 第13回ウディネ極東... ロイヤル・ウェディング、イタリ... >>