ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

老舗お菓子屋のチョコレート部門、チョコラテリーア・ダル・マス

a0091348_16495567.jpg


駅のすぐ近くのせいもあって、毎朝、「カップチーノとブリオッシュ(甘いパン)」の朝食の人々でにぎわう、ヴェネツィアの老舗お菓子屋さん、ダル・マス。もちろん朝だけでなく、午後もまた、カフェとちょっとしたお菓子をつまうむ人で混雑するダル・マス、すぐ隣に、チョコレート専門店を開いた。
実は開店したのはちょっと前(半年以上1年近く?)のはず。我ながら、チョコレート大好きなこのワタクシが、ようやく今日ゆっくりお店に入ってみた。

1つはたぶん、もはや老舗化しつつあるヴェネツィアのもう1軒のチョコラテリーア、ヴィツィオ・ヴィルトゥへの忠誠心(?)みたいなものかもしれない。あのお店が、ヴェネツィアではやっぱり一番のチョコレート屋さんのはず、という信頼と希望。





a0091348_16573489.jpg


でも、こちらだってパスティッチェリア(pasticceria、お菓子屋)としては老舗中の老舗。やっぱりチョコレートだって、試してみなくては・・・。

a0091348_1752134.jpg


先達を意識してなのかどうなのか、インテリアもチョコレートも、パッケージもシックなあちらと対照的に、白を基調とした明るい店内、パッケージも鮮やかで軽めなら、チョコレートもどちらかというとポップでかわいらしい。

a0091348_1732119.jpg


うわ~これはこれで、やっぱりおいしそう~~~!

a0091348_176314.jpg


もちろん、この奥の工房ですべて自家製。

そして実は、お店に入って最初に目に飛び込んでくるのは、これ。

a0091348_1773553.jpg


ソフトクリーム?(イタリアにはほとんど存在しない)
・・・いや・・・

a0091348_1782162.jpg


チョコレートの水道???(・・・ああ、「チョコレート工場の秘密」みたい・・・)きゃーーー!!!

正真正銘、本物のチョコレート、それもデモンストレーションではなくてなんと1杯2ユーロで味見が!!!
もちろんこれは、いただいてみなくては。

a0091348_179778.jpg


う~~~ん(幸せ・・・)。
冬に飲む(食べる、に近い)、ホット・チョコレートのようなものかと思ったら、「ホット」ではなく、あくまでも単なるどろどろのチョコレート!!!濃厚で(甘くて)おいし~~~い!

a0091348_16585668.jpg


お隣、ダル・マス本店のお菓子も置いてあり、なにしろ駅のすぐ近くなので、ちょっと足りなかったお土産などを買い足したりするのにもちょうどいいかも。

a0091348_17174664.jpg


Cioccolateria Dal Mas
Lista di Spagna 149-150/A
Tel. 041 715101

a0091348_17171647.jpg


6 maggio 2011
[PR]
by fumieve | 2011-05-07 17:19 | 飲む・食べる
<< 思いがけず バーリの2つの大聖堂 >>