ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

「女王の館」カ・コルネールの窓

a0091348_5593317.jpg


カナル・グランデ(Canal Grande、大運河)に面した縦長の大きな窓。中庭の窓の向こうに見える、同じ建物の大理石。そして土地のないヴェネツィアならでは、貴族のお屋敷にも関わらず、壁と壁を合わせるようにきっちり立て込んだ両脇の窓から見えるのは、すぐお隣の壁と窓。

プラダ財団の展示が行われているカ・コルネールで、建物と展示と、それ以上に楽しめたのは、それぞれに個性的で、さまざまな表情を見せる窓。




a0091348_6103091.jpg


エレガントな模様を作る鉄柵や、ゆるゆると、まるで水面に映った風景を見せる吹きガラスのはまった窓、そして室内の開口部も独特の味わいが。

a0091348_6121745.jpg


a0091348_611680.jpg


a0091348_6131432.jpg


a0091348_616357.jpg


a0091348_619410.jpg


a0091348_6195620.jpg


a0091348_62054100.jpg


a0091348_6231393.jpg


a0091348_625560.jpg


a0091348_626363.jpg


a0091348_6291030.jpg


a0091348_6295569.jpg


a0091348_632834.jpg


a0091348_6551695.jpg


a0091348_6544878.jpg


a0091348_6554395.jpg


a0091348_641175.jpg


a0091348_6574576.jpg


現代美術を展示しているのに、現代美術展にありがちなアグレッシブさがいい意味で全くなく、ヴェネツィアの歴史的建造物の中なのに、その重圧感もない。
ゆったりのんびり過ごすにはちょうどいい、ヴェネツィアの新名所になりそう。

a0091348_6581099.jpg


06 lug 2011
[PR]
by fumieve | 2011-07-07 06:41 | 見る・観る
<< 七夕の夜に ヴェネツィアの犬 >>