ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ビエンナーレ2011・5~ジャルディーニ会場・2 中と外、それぞれの1枚

a0091348_8512021.jpg


ヴェネツィア出身、仙台で亡くなった建築家、カルロ・スカルパ設計のヴェネズエラ館。決して大きくはない、が、非常にスカルパらしいこの建物は、いつ見ても、何度見てもやはり見事だと思う。






a0091348_859797.jpg


正直、建物に負けない展示をするのも楽ではないだろうと、余計な心配をしてしまう。

いつも決まった建物で展示をする、ジャルディーニ会場の国別パビリオン。

複数の部屋を持つ建物、大きな広いワンスペースの建物、インスタレーションから映像まで、あらゆる種類の「アート」を、単身だったり、あるいは複数の作家の作品を展示していたり。よくいえばヴァリエーション豊か、簡単に言えばてんでバラバラなこのヴェネツィア・ビエンナーレを、各国それぞれ、写真1枚で表現するのは非常に難しい。
だがあえて、今回はそれぞれ中と外1枚ずつで紹介してみようと思う。

ヴェネズエラのお隣、ロシア館

a0091348_850958.jpg


a0091348_8503944.jpg


ロシア館の正面、デンマーク館

a0091348_942668.jpg


a0091348_954590.jpg


そのお隣、スウェーデン館

a0091348_9133747.jpg


a0091348_9152850.jpg



日本館を挟んでその奥、韓国館

a0091348_8443284.jpg


a0091348_8451014.jpg


ドイツ館の向こう、カナダ館

a0091348_843090.jpg


a0091348_8434288.jpg


ドイツ館の正面、フランス館

a0091348_9171172.jpg


a0091348_920852.jpg


そのお隣、チェコ&スロバキア館

a0091348_8455072.jpg


a0091348_8464756.jpg


さらにお隣、ウルグアイ館

a0091348_8473352.jpg


a0091348_97146.jpg


ちょっと奥まったところにある、オーストラリア館

a0091348_8485076.jpg


a0091348_8491593.jpg


米国館のお隣、イスラエル館

a0091348_981875.jpg


a0091348_991757.jpg


その奥、ハンガリー館

a0091348_910563.jpg


a0091348_9104736.jpg


フィンランド館

a0091348_9121570.jpg


a0091348_9125131.jpg


(続)

5 agosto 2011
[PR]
by fumieve | 2011-08-06 09:23 | ビエンナーレ2011
<< Love me tender 山を歩こう!6・思い出 >>