ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

モチェニーゴ美術館の、Miniartextile 2011とRuth Adler Schenee

a0091348_23254150.jpg


Miniartextile - a textile experience
Palazzo Mocenigo, Venezia
4 giu – 28 agosto 2011
www.museiciviciveneziani.it
8月28日まで

巻く、結ぶ、切る、や、たたく、ひっぱる、裂く、合わせる、貼りつける、引っかける、通す・・・から、紡ぐ、そして、織る、編む、あるいは縫う。「糸」や「繊維」状のもので遊んだ楽しい企画展が、今年もまたヴェネツィアにやってきた。先日、「旅」9月号でも紹介させていただいた、衣装博物館、パラッツォ・モチェニーゴ。ビエンナーレ美術展に合わせた隔年開催で、今年が7回目になるらしい。
前回前々回の様子)

美術館の常設展の中での開催ということで、これまで撮影不可だったのだが、今回は、このミニアーテキスタイルの展示作品なら写真を撮ってもよい、ということで、はりきって撮影したのが、立体作品、それもミニチュアの作品の撮影はほんとに難しい。




a0091348_2328620.jpg


もしかしたら、それぞれアーチストの意図をうまく伝えきれず、おこられてしまうかもしれないけど、でもせっかくなので、楽しく美しい作品の数々、とくに日本の作家さんの作品を中心に紹介してみたい。お名前は間違いがあるといけないので、ローマ字のままで失礼。

a0091348_232846100.jpg

Miyuki Tatsumiさん
The night view

a0091348_23301523.jpg

Nobuko Uedaさん(あ、これはもしかして、ブログ仲間の・・・!?)
Performance

a0091348_23305355.jpg

Dora Haraさん(日本の方かどうか・・・)
The covers of the memory

a0091348_2332037.jpg

Keiko Takayamaさん
Sakura

a0091348_23324978.jpg

Kaoru Nakanoさん
Untitled

a0091348_2333572.jpg

Noriko Takamiyaさん
Revolving happiness

a0091348_23351056.jpg

Yumiko Tanakaさん
Illusion

a0091348_2335352.jpg

Onoyama Kazuyoさん
Double-headed eagle

a0091348_23361034.jpg

Noriko Tomitaさん
Untitled

a0091348_23374322.jpg


a0091348_23364623.jpg

Nao Kimuraさん
Pathos and hope

a0091348_23392968.jpg


a0091348_234027.jpg

Fukaya Masayoさん
Scab at the heart

ほかにいくつか、それもアリ!?な変わったもの、それでいいんだ!の「いかにも」なもの、など・・・。

a0091348_23405132.jpg


a0091348_23412647.jpg


a0091348_23415296.jpg


a0091348_2343444.jpg


a0091348_2344324.jpg


a0091348_2345388.jpg


今回、私が一番気に入ったのは、一番上の写真、
Barbara Andrea Palomino Ruizさんの、Cacharpayaという作品。
アートというよりは完全に民芸品、でも、それをこうしてみると立派な「アート」になる。

a0091348_23471155.jpg


「ミニ」だけではなく、いくつかの「通常サイズ」の作品も展示されている。

a0091348_23475144.jpg


一見、床の模様と区別のつかないこちらは、Gabriella CrisciさんのTappeti di preghiera(祈りのカーペット)。よく見るとこれ全部、安全ピン!!!

a0091348_23481838.jpg


だが、この企画展のだいご味は、やはりメインの部屋に一同並べられた、「ミニ」シリーズだと思う。材質も手法も、アーチストの出身地もテーマも、みんなばらばらの個性豊かな作品たちが、同じサイズの規格に収まっていること、それが展示方法のよさもあって、全体が一つのまさにインスタレーションのように見える。

*****

a0091348_2349638.jpg


Ruth Adler Schenee – a passion for color
Palazzo Mocenigo, Venezia
4 giu – 28 agosto 2011
www.museiciviciveneziani.it
8月28日まで

紹介の順番があとさきになるが、モチェニーゴ館に入って、まずその目の前で行われているのが、Ruth Adler Schenee展。
ナチ政権下のドイツから、家族とともに米国に逃亡したRuth Adler Schneeは、ロードアイランド・デザイン・スクール、クランブリック・アカデミーを卒業し、1940年代からテキスタイル・デザイナーとして頭角を現し、現在も80歳を過ぎてなお、元気に活躍されているらしい。
この小さな企画展では、彼女のデッサンとそこから起こした製品としての織物、あるいはデザイン活動のちょっとしたヒントなどが展示されている。

a0091348_23495362.jpg


a0091348_23502528.jpg


デザインから製品へ、上階の展示で見た純粋な「アート」とはまたちょっと違う、だが、ここにもまた、「布」と色への情熱が込められている。

a0091348_23513737.jpg


a0091348_2352286.jpg


19 agosto 2011
[PR]
by fumieve | 2011-08-20 22:23 | 見る・観る
<< 三遊亭竜楽さんのイタリア語落語 山を歩こう!9・後ろ髪ひかれつ... >>