ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

世界凝縮!?オートラントのクリプタ

a0091348_7313493.jpg


順番が前後してしまったが、レッチェのドォーモのクリプタ(cripta、地下聖堂)の案内などを読むと、「オートラントの大聖堂のクリプタを思い起こさせる」と紹介されていることが多かった。




a0091348_740261.jpg


そのオートラント大聖堂のクリプタは、帰ってきてあたらめて、とくにモザイクをじっくり眺めるために買ってきた本を見たら、「コスタンティノポリス(現イスタンブール)のYerebatan Sarayl(日本語で地下宮殿、イタリア語ではCisterna Basilicaで、地下聖堂または講堂)のレプリカとなっている」とあり、びっくり。
あわてて10年前のアルバムをひっくり返してみたのだが・・・

a0091348_7353828.jpg


a0091348_7411679.jpg


a0091348_73743.jpg


(暗いところなのでボケボケだが、せっかくなので自分の思い出のために載せておくことにする。こちらのほうは、とくにこのメドゥーサの頭で知られている。)

a0091348_7415851.jpg


もっとも、本家のほうは大理石と花崗岩でできた柱が336本、こちらは一本石の柱42本と規模はぐっとこじんまりしているし、もちろん本家本元と違って、水もない。

大枠はそんなわけでビザンティンの影響を受けているとして、柱頭の種類はビザンティンどころか、もっと多岐にわたる。

a0091348_7433974.jpg


アンチョコによると、こちらはペルシャ風、鷲の柱頭。

a0091348_7442116.jpg


こちらはおなじみビザンツ6-7世紀、4面それぞれ違う模様になっている。

a0091348_745431.jpg


ビザンツのぶどう。

a0091348_7454474.jpg


ビザンツ6世紀、蛮族の影響がみられる、通称「セミ型」の応用。

a0091348_7462520.jpg


編み籠の上に鳥、ビザンツ5-6世紀。

a0091348_7472583.jpg


ちなみに、網模様というかレース模様の柱頭は、ラヴェンナ、ヴェネツィアなどで「ビザンチン様式」として見られるが、この籠の上に鳥、というのはちょっと珍しいように思う。

a0091348_749523.jpg


真横から見ると、双頭のライオンが左右を向いているようでもあり、斜めから見ると妙に内股のライオンのようであり、ともかくちょっと妙なこのライオンの柱頭はなんとイスラム風。

a0091348_7495446.jpg


このハッスル・マッスル系(注:ここで勝手に命名)柱頭もかなり変わっており、四ツ角は人間だと思うのだが、その間から頭をのぞかせているのは、ライオン?それともおじさん???

a0091348_7503996.jpg


a0091348_751824.jpg


a0091348_7514773.jpg


角の一人はどうやら女性で、写真ではわかりづらいが、くっきりと長いまつ毛がぱちぱちしていた。これは6-7世紀のエジプト式らしい。

さらにこんな人頭鷲体も。(アンチョコにないものは詳細不明)最もこれが一番、中世ロマネスクらしいと言えるかも。

a0091348_7523182.jpg


ほかにもちろん、もっとクラシックな、いわゆるイオニア式、コリント式、その融合スタイルなどもある。

中には柱の胴体部分も浅浮彫になっているものも。

a0091348_7531556.jpg


壁には一部、12-13世紀のフレスコ画も残っている。

a0091348_7561178.jpg


クリプタ(Cripta、地下祭室)はどうしても採光が悪いために難しいのだが、写真がほとんどまともに撮れていなくて、この状態で紹介するのも非常に残念だし、我ながらかなり悔しい。

・・・敗者復活のためにも、やはりもう一度行けということか・・・!!!

a0091348_7341928.jpg


「アンチョコ」は、
Grazio Gianfreda, Il mosaico di Otranto. Biblioteca Medioevale in immagini, Lecce, Edizioni di Grifo, 2008

2 dicembre 2011
[PR]
by fumieve | 2011-12-03 07:56 | ほかのイタリア
<< 日本で食べたおいしいもの、甘味編 「日本のデザイン 美意識がつく... >>