ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

クルミの発見、緑の衝撃~ジェノヴァのおいしいもの

a0091348_9275788.jpg


お祭りといえば、やはり楽しみなのが屋台。

屋台といっても、こちらのはイタリア全国物産展といった趣きで、日本の屋台とはだいぶ違うのだが、それでも、ふだんはヴェネツィアにないものもたくさん出て面白い。
これまでは、シチリアの甘いもの屋さんが1,2軒出るだけだったマニン広場(campo Manin)に、今回は、サルデーニャ、トスカーナ、エミリア・ロマーニャ・・・と、食べ物自慢のイタリア各地の食品が出そろった。




a0091348_9351677.jpg


今回の大ヒットは、こちら、リグーリアのスタンド。あまりにも有名なペスト・ジェノヴェーゼ(pesto genevese、ジェノヴァのバジリコ・ペースト)とともに売っていたのが、胡桃のペースト。バジリコのペースト同様、ニンニクとパルミジャーノ・レッジャーノが効いている。
それぞれ、ペーストの瓶詰を売っているのだが、その場で、バジリコ・ペーストのニョッキ、またはクルミ・ペーストの「パンソッティ(pansotti)」を5-6ユーロで食べることも可能。パンソッティは上の写真のように、トルテッリーニ(tortellini)のようなもので、中はホウレンソウとリコッタ。これがクルミのソースにぴったりで、ほっこりと温かく、冬らしい一品。ジェノヴァといえばなんといってもバジリコ・ペーストで有名だが、この「クルミ・ペーストのパンソッティ」も伝統料理の1つらしい。
この生パスタも持ち帰り用に購入することもできる。

もう1つ、衝撃的かつ気にいったのが、バジリコ入りメレンゲ。
写真ではわかりづらいが、メレンゲ自体うっすらと緑色がかっている。実際に中にパジリコの葉がつぶつぶと入っていて、甘いんだけど、確かにバジリコの味がして、すっきり。

a0091348_9484679.jpg


15 feb 2012
[PR]
by fumieve | 2012-02-16 09:56 | 飲む・食べる
<< 春の気配 ローマ、2020年オリンピック... >>