ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

「生」クリームのフリッテッレなら、リッツァルディーニ

a0091348_21254334.jpg


毎年毎年、この時期になると飽きもせずに書いている(=食べている)のだが、ヴェネツィアのカーニバルといったら、なんといってもフリッテッレ(frittelle)。
そして、地元ヴェネツィア人でも、ヴェネツィア在住日本人でも、「どこのフリッテッレが1番おいしい?」って話題になったときに、みーんなが声をそろえるのが、トノロ。私も、ここのクリーム(シャンティイ)入りが1番好き。

(カーニバルのヴェネツィアのお菓子、総ざらいはこちら:http://fumiemve.exblog.jp/d2009-02-20



a0091348_21292010.jpg


これまた飽きもせずに、同じ話題を繰り返していたときに、「あ、でも、ここの『生クリーム』はおいしいんだよね」とお勧めされたのがこちら。

駅からリアルト橋に向かう、メインの通り沿いにあって、そのためかいかにも観光客向けっぽく、むかーし一度カフェを飲みに入ったことがあるのだが、なんだか愛想が悪くって、それっきり二度と行かない店になっていた。(ヴェネツィアにはそういうお店がたくさんある)

a0091348_2135395.jpg


先週日曜日の午前中、そうそうヴェネツィアでも雪がチラついたあの日、さっそく入ってみるとお店の中は、フリッテッレを大量に買い込む地元の人々でいっぱい。日曜日の午前中に地元の人でにぎわうお菓子屋さんは、おいしい証拠。というのも、日曜日やとくに祭日には、家族や親せきで集まって食事をし、そのために、呼ばれる側であったり、ホスト側であったり、デザート用のお菓子をたくさん、大きなトレイで買いにくるから。

先週はふつうの日曜日で祭日ではなかったけど、カーニバル中のヴェネツィアはお祭りそのもので、家族以上に友人・知人も集まったりするのだろう。最初は年配の男性が続けて、そして若い女の子、と、みんな20個30個は当たり前!という感じでフリッテッレ+アルファを買っていく。

a0091348_21432946.jpg


a0091348_21443438.jpg


a0091348_21455084.jpg


カーニバル以外の、通常のお菓子は、若干すみっこに押しやられつつ、健在。

a0091348_21464611.jpg


a0091348_21472190.jpg


1人暮らしの身としては、その場で、念願の「生クリーム」を、カプチーノとともに1つ。
「クリーム」入りのフリッテッレは多いけど、そのほとんどはカスタードか、トノロのようなシャンティイ(カスタードに生クリームを合わせたもの)で、ホイップの生クリーム入りというのは珍しいのだが、確かに、これはこれで軽くておいしい。
最初の「愛想の悪い」に騙されて(?)、これまでおいしいものを1つ逃していた。
もっとも、こうして行ってみれば「愛想が悪い」なんてこともなく、ヴェネツィアの人としてはごく普通。(単なるコワモテなだけ、とも・・・すみません)

もう1つ、ここのお店でふだんは日曜日だけ作っているという、カスタード・パイもさくさくでおいしかった。

a0091348_2150191.jpg


カーニバルもあと4日。さて、悔いのないよう、またもう1個、食べにいこうかな。

a0091348_21512395.jpg


Bar Pasticceria Rizzardini
San Polo 1415
Tel. 041 5223835

18 feb 2012
[PR]
by fumieve | 2012-02-18 21:59 | 飲む・食べる
<< ヴェネツィア名物 「幸福な間違い」、ロッシーニ@... >>