ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

そして、ヴェローナといえば・・・

a0091348_3222611.jpg


シエナといえば、なんといってもキアンティ(Chianti)。

「ロミオとジュリエット」の舞台となった町ヴェローナ、ローマ時代の闘技場、アレーナでの夏の野外オペラで知られるヴェローナ。では、このヴェローナといえば、ワインは、軽めで香りのいいすっきりとした白、ソアーヴェ(Soave)、同じく軽めで香りがよく誰にでも飲みやすい赤、ヴァルポリチェッラ(Valpolicella)。そして、ワイン好きの方によく知られているのが、どっしり大関級のアマローネ(Amarone)。


「ジュリエットの家」のすぐそばの路地のトラットリア(trattoria、食堂)。開店時間に押しかけるように中に入ると、生ハムやらサラミやらのいい香りが。お店の片隅に、ハム・サラミ・コーナーがあって、いかにも!なおじさんが、準備をしていた。

が、この日は残念ながら、時間と腹具合の都合により、前菜もパスタもやめて、いきなりセコンド(secondo、メイン)へ。




a0091348_3293734.jpg


デザートのように見えるこちらは、「牛ほほ肉のアマローネ煮込み」。こうして写真を見ているだけでも、口の中というよりは、脳の奥からよだれがわき出てしまう。アマローネ・・・のようなお高いワインはふだん飲みつけないので、味がわかってるのか!と突っ込まれたら、いいえ・・・とお答えするしかないけれど、でもたしかにこのソース、このお肉は、あの、アマローネの味。深ーい、ヴェルヴェットのような、しっとりした赤。お肉はもちろん、とろとろ。うううううーーーーーん、おいしい・・・・・・・・。
お皿をなめるようにきれいに食べつくし、不覚にも、これだけで酔っ払ってしまうかと思った。

こちらはパン。

a0091348_3574556.jpg


一方、肉食女子仲間が選んだのは、クラシックに「スティンコ(stinco、豚のすね肉の骨付き塊)」。

a0091348_3424768.jpg


クラシックなのだが、添えてあるのは紫いも(確か。日本にあるサツマイモの紫でなく、じゃがいもの紫いも)で、ちょっと凝った味わいに。

ところで、↑のアマローネ煮もそうなのだが、ヴェネツィアを中心とするヴェネト州をはじめ、北イタリアでは、こういうお肉のカタマリや、煮込みなどには、ポレンタ(polenta、とうもろこしを練ったもの)を添えるのが普通だから、マッシュポテトが添えられていたのは新鮮だった。

そして別腹は・・・

a0091348_349465.jpg


これはピスタチオの・・・なんだったかな?・・・で・・・

a0091348_3504787.jpg


この、鶏のピカタか何かに見えるこちらは、「リンゴのタルト、アイスクリーム添え」。意外なことに、タルト生地な部分はほとんどなく、下にうすーく、申し訳程度のタルト生地が、ほんとにうすーく1枚、ぺらっと丸く敷いてあるだけで、見えている部分のボリュームは、これ、ほとんどりんご。その上に、クリームブリュレのように、ざらっとお砂糖をかけて、あえて軽く焦がしてある。
…悶絶・・・。


次に行ったら、どちらもまた同じものを食べてしまいそう。

Trattoria al Pompiere
Vicolo Regina d'Ungheria, 5 - 37121 Verona
Tel. 0458030537
www.alpompiere.com

a0091348_3594747.jpg


26 marzo 2012
[PR]
by fumieve | 2012-03-27 04:01 | ほかのイタリア
<< 日常の器 「ティツィアーノと近代風景画の... >>