ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

フリウリ名物をわいわいと、アル・ヴェッキオ・スタッロ@ウディネ

a0091348_7385024.jpg


まずは、地元のハム&サラミ盛り合わせ。生ハムはもちろん、サン・ダニエーレ。
もちろん、ふつうにそこそこに期待してはいたものの、実際に口にしてびっくり。思っていた以上に、どれもまろやかで柔らかくて、おいしい。




a0091348_741361.jpg


プリモ(パスタ)のうちの1つ、Ciarsons(チャルソンス)。いわゆるラビオリなど、具入りパスタの一種だが、かなり日本の餃子を思わせる形なのと、パスタの中に入っているのは、ほうれん草のほか、タマネギや干しぶどう、・・・など、ヴェネツィアではほとんど見られない、ほんのり甘い具の入ったパスタは、どうやらフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州あたりの特徴らしい。

そしてもう1つ、ウディネで絶対に忘れてはならないのが、フリコ(frico)&ポレンタ。

a0091348_755225.jpg


フリコは、チーズとじゃがいもを練って、それを固めて火にかけ、両面がこんな風にきれいに焦げ目ができていれば最高。いかにも高カロリーなこの1皿、わかっていながら大好物で、ウディネに来たら食べずにはいられない。ちなみに、となりのポレンタ(とうもろこしの粉を練ったもの)は北イタリアではおなじみ、ヴェネツィアでも定番だが、ヴェネツィアではふつうは、真っ黄色か真っ白。ところが、このあたりはこういう、全粒粉っぽいのが主流のよう。アルト・アディジェやトレントでも確かそうだったが、これがまた田舎風でおいしい。

a0091348_135384.jpg


こちらはトリッパ(trippa、牛の胃)。

a0091348_13551747.jpg


デザートのマスカルポーネ(だったと思う・・・)のクリームは、お店のオリジナルかも。

a0091348_7495110.jpg


間口に比べて、ずっと奥が深くて、一番奥の部屋には、外国人の団体さんがいたりして、結構がさがさしている。

入口は、うっかりすると見逃してしまいそうなくらいそっけないが、開いていればたいていこうやって、誰かしら飲んでたり、タバコをすっていたりするのですぐわかる。

a0091348_757416.jpg


Al Vecchio Stallo
Via Viola, 7 Udine
tel. 0432 21296

28 apr 2012
[PR]
by fumieve | 2012-04-28 14:01 | ほかのイタリア
<< あの松田翔太くんが・・・「アフ... 日伊協会「クロナカ」、南チロル特集 >>