ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ビエンナーレ2011(回想)・17~街中編・9 駆け足カナル・グランデ後編

a0091348_5401331.jpg


夕方行くとすでに閉まっていたり、開いているはずの日でも緊急で休館だったり。もともとの予定期間が短めのものもある。展示の数が多く、期間が長いヴェネツィア・ビエンナーレでは、その期間が長いだけに、逆にいろいろな都合で、タイミングが合わないと見逃してしまう。
まるまる半年もあったというのに、昨年は時間に追われて、とうとう見られなかったところもいくつかあった。

上は、サン・マリーノ共和国館。

Repubblica di San Marino
Luce In-azione
Dorothee Albrecht, Marco Bravura, Cristian Ceccaroni, Daniela Comani, Ottavio Fabbri, Verdiano Manzi, Patrizia Merendi, Omar Paolcci, Lars Teichmann, Thea Tini, Daniela Tonelli
Riva del Vin, S.Polo 1097




a0091348_544555.jpg


こちらはアゼルバイジャン。
初参加の国こそ、ぜひとも見ておきたかったのだが・・・。

Repubblica dell'Azerbaijan
Relational, of Baku
Mikayil Abdurahmanov, Zeigam Azizov, Khanlar Gasimov, Aga Ousseinov, Altay Sadikhzade, Aidan Salakhova
Palazzo Benzon S.Marco 3927

a0091348_5464594.jpg


ポルトガル館。

葉脈や水のしずくなど、微小な部分の小さな動きを大きなスクリーンに映す。まるで何か別のようなものに見える・・・と、アートとしてはしかし、シンプルと言うか、単純というか。

a0091348_5482452.jpg


Portogallo
Scenario
Francisco Tropa
Fondaco Mracello, S.Marco 3415

a0091348_552021.jpg


パラッツォ・グラッシの隣は、アンドラ館。

a0091348_5492057.jpg


アンドラってどこだっけ?・・・と思いつつ・・・この教会、そういえば初めて入ったかも。

a0091348_55067.jpg


a0091348_551971.jpg


Andorra
Beyond vision
Helena Guàrdia Ribó, Francisco Sánchez Sánchez
Chiesa di San Samuele
Campo S.Samuele

ルクセンブルグは、毎回この建物を利用。

a0091348_552347.jpg


入口はこんな感じで・・・

a0091348_5533163.jpg


中は・・・

a0091348_554490.jpg


a0091348_5543160.jpg


鏡の国のアリス!?

a0091348_5545152.jpg


a0091348_5553129.jpg


Granducato di Lussemburgo
Le Cercle Fermé
Mratine Feipel & Jean Bechameil

そして、アッカデミア橋をくぐってすぐ右に、ニュージーランド。

a0091348_6135350.jpg


a0091348_6142573.jpg


a0091348_614537.jpg


a0091348_6151712.jpg


Nuova Zelanda
On First Looking into Chapman's Homer
Michael Parekowhai
Palazzo Loredan dell'Ambasciatore, Dorsoduro 1262/A

このあと、グッゲンハイム美術館、プンタ・デッラ・ドガーナと続いて、サンマルコ湾へ。

31 maggio 2012
[PR]
by fumieve | 2012-06-01 07:54 | ビエンナーレ2011
<< ヴェネツィアで新たに「アート水... 北イタリア地震の義援金sms ... >>