ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ヴェネツィアから、おめでとうございます!

a0091348_5511116.jpg


(写真は、www.ansa.it より拝借。以下も、英国の写真はすべて)

テレビのニュース番組で、断続的に中継されていた、
「レジーナ・エリザベッタ・セコンダ(Regina Elisabetta II)の、ジュビレオ・ディアマンティ(giubileo diamanti)を祝うタミージ(Tamigi)でのパラータ(parata)」
すなわち、
エリザベス英女王在位60周年(ダイヤモンド・ジュビリー)を祝うテムズ川でのパレード
を見ながら、あれ、と思った。

そういえば、この式典はテムズ川のパレードとなる、と聞いてはいたが、こうして見ると、そういえば水上の行事は、ヴェネツィアでは見慣れている。(当たり前か・・・)




a0091348_5585478.jpg


もっとも様子が似ているといえば似ているのが、やはり歴史的レガッタ(Regata storica)。
過去の記事はこちら:
2010年、http://fumiemve.exblog.jp/11239446
2008年、http://fumiemve.exblog.jp/7476103

a0091348_653067.jpg


正装での水上パレード、という点では、センサの祭りもある。

a0091348_611118.jpg


2011年、http://fumiemve.exblog.jp/12760575
2008年、http://fumiemve.exblog.jp/7075940

a0091348_69334.jpg


そして、たくさんの舟で賑わうイベントなら、ヴォガロンガも忘れてはならない。

a0091348_612391.jpg


(といいつつ、私の写真は舟が少ないのが、ほんとはピークの時間には、この運河が大小さまざまな船でびっしりになる)

2008年、http://fumiemve.exblog.jp/7100567

もちろん、今日の式典は英国の女王在位60周年を祝う、全部「ホンモノ」、ヴェネツィアのこれらのお祭りは、ほとんど「ごっこ」、その意味も規模も、関係者の数も、そして何より予算もケタ違い。(それも、いったい何ケタ違うことか・・・。)

それでも、なんだか見ていて妙に親近感がわいたし、そもそも、それだけ重要な行事に、テムズ川での水上パレードが選ばれた、というのが嬉しかった。現代の生活では忘れがちだが、ヨーロッパの大都市はどこも、必ず「川」を中心に発展してきたのだから。

もっとも、水上パレードは、おそらく陸上での通常のパレードに比べて、警備上でも利点が多いのではないかと思う。(コストもかさむかもしれないが・・・)

a0091348_6205376.jpg


エリザベス女王さま、60年もの間、英国という大国で女王というとてつもない任務を続けていらしたことに、心より敬意を申し上げます。

a0091348_6232032.jpg


英国の内外、そして王室の内外でも数限りない困難や苦悩に直面されてきたはず、80を過ぎてなお、この若さと絶対的な気品。90歳のフィリップ殿下もかっこよかったが残念ながらいい写真が見つからず・・・。

そしてヴェネツィアに話を戻すと、今日はアマルフィにて、4海洋共和国対抗レガッタが行われたはず。昨年は失格につぐ失格でレース自体が取り消しになる、という、いかにもイタリアな結果に終わったが、今年は無事にレースができたのだろうか・・・。

2011年、http://fumiemve.exblog.jp/12878956
その結果、http://fumiemve.exblog.jp/12881155

これを書いている間に、エミリア地方でまたM5.1の地震があったらしい。
心配が続く・・・。

3 giu 2012
[PR]
by fumieve | 2012-06-04 06:37 | ヴェネツィア
<< ヴェネツィアはふたたび、雨 美しい自然の造形にタメイキ・・... >>