ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

クロアチアの旅・6~おやつ&デザート編

a0091348_1395455.jpg


甘いものに目がない私としては、おやつ&デザートは旅の重要な要素の1つ。

だが実は今回、そんな私にしてはめずらしく、あまりドルチェを積極的に食べなかった。
1つには、まず食事を十分、いや、十二分にとりすぎて、正真正銘お腹がはちきれていたこともあるが、もう1つは、クロアチア、あるいはロヴィニ独特の地元のお菓子、みたいなものにあまり出会わなかったこともある。

やはりイタリア人の多い超・観光地ゆえんなのか、レストランのデザート・メニューは、たいがい、ティラミスやパンナコッタ。んー、どちらも大好きだけど、どうせならイタリアにないものを食べてみたい。

が、それらしきものが見当たらない。

それどころか、ティラミス、パンナコッタに並んで、デザート・メニューに必ずといっていいほど登場するのが、クレープ。それもすべて、チョコレート、アンズ・ジャム、そしてクルミの3種類。

最近イタリアでも見かけるようになったクレープは、イタリアの場合、国民食といってもいいヌテッラ(nutella)というチョコレート&ヘーゼルナッツの甘いクリームが基本。(もちろん、ほかにも選べるが)
ならば、この、「クルミ」クレープが「ご当地メニュー」といったとこか。




a0091348_202485.jpg


屋台でも、味はチョコレート、アンズ・ジャム、クルミ、の3種類だった。

ローカルものがあまり見つからなかったデザート類とは逆に、面白いもの&おいしいもの満載だったのがパン屋さん。

a0091348_245024.jpg


買うのと食べるのに夢中で撮り忘れたり、あるお店ではなんと撮影禁止!だったりして写真がないのだが、こうしてジャムなどを巻き込んだやわらかパンのほか、ヒットだったのはおかずパン。お肉やほうれんそう、マッシュ・ポテトなどをパイ風の生地で包んだシリーズは、なぜか細長く作ってとぐろを巻いておくものらしく、見た目は???なのだが、かなりおいしい。
そんなパン屋さんが、夜中の24時まで開いていて、しかも閉店間際まで焼き立てパンがあったりするからかなり危険。

パン屋さんはたくさんあるのに、お菓子屋さんがないね~と言っていたら、最後の最後に目の前に忽然と現れたケーキやさん。

a0091348_2124215.jpg


これも、地元のものというよりはフランス風かな。(かなり1つ1つが大きかったけど)

a0091348_2145432.jpg


そして実は実は、案外というか、大ヒットだったのはスナック菓子。
まあ、スナック天国な日本から見たらたいしたことないかもしれないが、イタリアの、なんだか煮え切らない中途半端なスナックに比べると、期待通りのジャンキーな味で(といっても毒々しすぎず)うれしい。

a0091348_2185598.jpg


とくにこのClipsy(注:クリスピーではない)シリーズがすばらしく、なにやら日本のスナックをほうふつさせるものもいろいろあるのだが、ビックリしたのがこちら。

a0091348_2211774.jpg


恐竜の形が微妙に立体的で、妙になまなましい・・・。(でもトマト味は◎。・・・しかしなぜ、恐竜???)

今度はぜひともClipsy全種類、多めに買いこんできたいと思う。

a0091348_226748.jpg


唯一、ロヴィニらしい「食後」といえば、レストランで出してくれた地元のグラッパぐらいかな・・・。

12 luglio 2012
[PR]
by fumieve | 2012-07-13 02:29 | 異国の旅
<< クロアチアの旅・7~ヴェネツィ... クロアチアの旅・5~気になる理由 >>