ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

クロアチアの旅・13~ロヴィニで船に乗って

a0091348_21344580.jpg


ともかく海がきれいで、雲ひとつない青空の日もよかったけど、この日、夕方になって出てきたひつじ雲もまた何ともいえずすてきで、気持ちよく風に吹かれながら、すごいね~ほんと、これだけで全然いいよね~・・・なあんて言っていたのだが。




a0091348_2136592.jpg


楽しみつくして語りきれないロヴィニの中でも、一段と楽しんだのが「グラス・ボート」(glass boat)。ロヴィニの海岸沿いを歩くと、いろんなタイプの遊覧船がそれぞれ看板を出している。もっと時間があれば、1日かけて少し遠出するようなミニ・クルーズにも行ってみたかったけど、今回、なにしろ実質は中3日という短い滞在で(その割にずいぶんブログをひっぱってますが・・・)、あれもやりたい、これも見たい、で、それは断念。で、目をつけたのがこの「グラス・ボート」なるもの。見た目はなんだか、ヴェネツィアの消防車みたい。

a0091348_2137267.jpg


要するに、船内の底がガラスになっていて、水の中がのぞける、というもの。実際は、船が走っている間は水しぶきとスピードで何も見えないのだが、そこはもちろん、要所、要所で船を止めては、お兄さんが説明してくれる。説明はイタリア語か英語なのだが、「日本語で1つだけ言葉を知っている」と言うのが、「ウニ」だったのには笑った。

a0091348_21384411.jpg


a0091348_7271485.jpg


最初に見えるのが、サンタ・カテリーナ島(Isola di S.Caterina)。

a0091348_21395749.jpg


次が、サンタンドレア島(Isola di S.Andrea)、通称イゾラ・ロッサ(Isola rossa、赤い島)。先日紹介した、大規模開発されたリゾートがここ。

a0091348_21403829.jpg


a0091348_21412442.jpg


こういうところでも、岸辺をよく見ると人が泳いでいたりする。
・・・が、すっぽんぽんだったりもするので、凝視注意。

で、ぐるっとそのあたりを回って、1時間ほどでロヴィニに帰ってくる。

この1時間が楽しくて、もう1回同じコース、ただし夕刻の「サンセット・クルーズ」に乗った。

a0091348_2138367.jpg


同じ海、だが、午前中とはまた違う海と空を満喫・・・。

a0091348_21441488.jpg


a0091348_2145039.jpg


途中、子どもたちに運転をさせてあげるお兄さん。なあんにもない、穏やかの海のまっただ中だからこそできるのだろうけど、1人だけ、最初は見てたのにパパのところに行ってしまった女の子をわざわざ呼びにきて、パパにもジェスチャーで「写真撮るでしょ?」と言って一緒に案内してあげたりして、なかなか気が利いている。

a0091348_21452880.jpg


そしてハイライトは・・・

a0091348_21463687.jpg


イルカ!!!

a0091348_21471560.jpg


イルカが見られる可能性は7割くらい、イルカはいつもいるんだけど、水の上にうまく出てきてくれないとわかんないからね、と言われていた。これだけの景色と空気を楽しめれば十分だよね~なんて言っていたのに、「ほら!あそこ!」なんて言われると、あわてて狭い船内で小さな子どもたちと競うようにして場所を確保して、海を凝視。うんうん、確かに、いるいる~!!!

a0091348_21474628.jpg


a0091348_21481574.jpg


何度か見ては、見えなくなってしまうと場所を変えて、・・・を繰り返して、全部で3,4カ所に止まっていただろうか。一度などは、女の子が、あ!そこ!とすぐ目の前を指さすと、それが船底にどん!っと当たったり。まさか、こんなに町の近くでイルカが見られるとは思っていなかったから、大感激。

a0091348_21484829.jpg


a0091348_21504877.jpg


a0091348_21541733.jpg


イルカちゃん、ありがとね~また来るねーと大はしゃぎで最終日が暮れていったのだった・・・。

a0091348_21544872.jpg


3 agosto 2012
[PR]
by fumieve | 2012-08-03 21:56 | 異国の旅
<< シルミオーネには船に乗って あわれミラノ、「北へようこそ」 >>