ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

(ほんとは教えたくない)絶景カフェ、ロンブラ・デル・レオーネ

a0091348_115397.jpg


炎天下にも負けず、毎日、世界中からの観光客で賑わうヴェネツィア。1日中、人でごったがえすサン・マルコ広場のすぐ近くに、とっておきのカフェがある。




a0091348_152635.jpg


カナル・グランデ(Canal Grande、大運河)の入り口に面し、目の前に、サルーテ教会やプンタ・デッラ・ドガーナ、水の向こうにサン・ジョルジョ・マッジョーレ島を臨む絶景カフェ、ロンブラ・デル・レオーネ(L’ombra del Leone)。

「ライオンの影」という意味深な名前は、ここが、ヴェネツィア映画祭やビエンナーレを主催する、ビエンナーレ財団の本部の建物の中にあるから。「ライオン」はもちろん、「金獅子賞」受賞者が受け取るあの「金のライオン」のこと。お皿やカップにも、しっかりロゴマークが入っている。

カフェと簡単な軽食のみだと思っていたが、お昼はパスタやちょっとしたお魚料理などもあるらしい。ビエンナーレのカフェとはいっても、誰でも自由に利用できる上に、ものすごいご馳走ではないけれど、その分、値段もごくごく普通。ゆっくりできるし、むしろこのロケーションを考えたら良心的と言っていいくらい。

a0091348_161058.jpg


ただし、直接運河に張り出している、まわりの5ツ星ホテルのテラスと違って、ここは目の前に公共の船着き場があるから、荷物の上げ下ろしがあったり、観光客が迷い込んだりしてくるのはご愛嬌。それでも、サン・マルコ広場やリアルト橋付近の喧騒から比べたら、嘘のようにのんびりしている。

a0091348_164529.jpg


もちろん、カフェだけ、1杯飲むだけでもOK。

実はここ、近隣で働く人々や、ヴェネツィアの奥様方など、地元の人々の御用達。あくまでも普通のバールの延長で、とくに夕方になると、彼らがヴェネツィアの庶民カクテル、スプリッツを飲みながら、のんびりおしゃべりをしていることが多い。近くのゴンドリエーレ(gondoliere、ゴンドラ漕ぎ)が食事をしていることもあれば、カウンターでさっとカフェを飲んでいることも。

a0091348_172672.jpg


宣伝をしてないせいか、あまり知られておらず、いついっても、あまり混んでいないのもありがたい。だから、私がこれを書いてしまうと、もしかすると顰蹙をかってしまうかも!?

中も広々としてきれいだし、お天気の悪い日や、陽射しが苦手、という人でも大丈夫。

a0091348_185268.jpg


・・・でもやっぱり、空いていれば絶対に、ちょっとしたリゾート気分が味わえるテラス席がお勧め!
(ただし、とくにテラス席は、かなりのんびり放っておかれるので、急いでいる方にはお勧めできません。)

a0091348_1101990.jpg


L’ombra del leone
San Marco 1364
Tel. 041 2413519

17 agosto 2012
[PR]
by fumieve | 2012-08-18 01:11 | 飲む・食べる
<< トリエステへ、船に乗って ビエンナーレ2011(回想)・... >>