ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

グラードの珠玉のレストラン、タベルネッタ・アッランドローナ

a0091348_19125561.jpg


先日、グラードに着いたとき、町の真ん中の広場でちょうど、ヴァンから新鮮な魚を下ろしている若いシェフがいた。なんとなくピンときて、「すみません、どこのお店ですか?」と尋ねると、すぐそこの、アンドローナという店だと言う。

いろいろ迷ったのだが、前菜は、やはり絶対お勧め!という、生の魚介盛り合わせ。
手長えび、かじき、黒鯛、そしてマグロ。それに、桃、いちじく、キーウィーなどのフルーツを細かく刻んだものをソースがわりに。緑のプチプチはワサビ。おしょうゆが欲しくなってしまうところだが、ちょこっとずつ乗せてある、これまたいろいろな荒塩をお魚につけて、ちょぴりオリーブオイルをたらして食べると、これはこれで、すごくおいしい!もちろん、お魚+フルーツも◎。
カナッペみたいにしてどうぞ、といって、薄いトーストパンをかりかりに焼いたものも出てきたのだが、これは試してみたら、パンがお魚のみずみずしさを吸収してしまうようで、個人的にはパンなしのほうが好みだった。
それにしても、お魚だけでもすごいボリュームで、これだけでもお腹がいっぱいになりそう。




a0091348_19153446.jpg


そしてパスタは、これもかなり迷った末に、アンチョビのトマトソース。

出てきたときに、あれ、なんだ、ちょっと普通だったかも・・・。と思ったのだが、これがまたおいしかった。アンチョビの入ったパスタは、その分、どうしても塩味がきつくなりがちだが、これはきつい塩気がトマトの甘みと調和して完全に消されていて、見た目よりもずーっと繊細な、それでいて何かなつかしいような、そんな味。途中で既に、かなりお腹いっぱいになっていたにも関わらず、完食はもちろん、お皿に残ったソースもきれいに、パンでふいて食べてしまった。

う~ん、シアワセ・・・

やっぱり、食べてよかった!!

・・・というのも実は、グラードはなんといってもビーチ・リゾートだから、シーフードと、ピッツァを売りにしているようなカジュアルなお店が多い(と思っていた)。それはそれで、もちろんビーチにヴァカンスにきているときにはおいしいし楽しいのだが、この日は1人だったし、(なにしろトリエステに行く船に乗りたかったから)あまり時間もなかったし、当初、今回のグラードでは、どこかのバールで簡単にパニーノでも食べて済まそう、と思っていた。(しかも緊縮財政中・・・)

ところが、前日。新聞についてくる、というか、追加料金を取られて強制的に買わされる週刊誌をぱらぱらとめくっていたら、「旅・食」のコーナーで、グラードのレストランが紹介されている。だいたい、こういうところに出てくるお店はたいてい、車でないと行けないようなところが多い。・・・確かに、イタリアのおいしいものって、そういうところにあることが多いのだが。だから今回も、だめもとで、参考までに・・・と記事に目を通すと、町の中心部、「サンタ・マリア・アッスンタ教会」のすぐ裏、とある。なんと、今回の目的地のすぐ近くということ!?
・・・これは絶対に、なんとしてでも行ってみなくては、とそのページを切り抜き、机の上に置いて、・・・そのまま置いてきてしまった。・・・間抜けすぎる・・・。
で、小さい教会だし、行けばわかるだろう、と思って行ってみると・・・小さいとはいえ、さすがに町の中心なだけに、そのまわりにくっつくように、何軒もお店が・・・。でも、絶対に最初に見かけた、あのシェフのお店だろうと思い、iphoneで”Androna”で検索して、やっぱりここ、とたどり着いたのは、唯一、看板の出ていないお店だった。(見つからないはず・・・)
アンドローナ(Androna)、教会の裏庭、みたいな意味の通り、教会に接したほんとに裏側にテーブルが作ってあった。

a0091348_1912678.jpg


記事によると、1949年創業のこの小さなお店、現在は3代目の兄弟が仕切っている。アッティアスがシェフ、アランがホールとワイン担当。冷凍はもちろん、養殖の魚も使わず、すべて天然ものの魚介だけを提供している。地元の伝統料理に、トーフやガスパチョなど、世界の食材・料理も取り入れて、より洗練された味が自慢。

最初に探したときによくわからなかったのは、テーブルセッティングを、お母さんがやっていたため。記事を読んだときに、男子系のファミリーで受け継いでいると理解していたために、あれ?と思ったのだった。よくよく読み返してみると、2代目のご夫婦も健在で、お店を盛りたてている、とあった。

a0091348_19185825.jpg


もう無理・・・と思いつつ、しかしこれは絶対にデザートも試さなくては!と選んだのは、一番軽そうだった、フルーツ・ミックスのレモン・ジェラート添え。
もちろん、文句なくおいしかった。

Tavernetta all’Androna
Calle Porta Piccola, 6
34073 Grado (GO), Italia
www.androna.it
Tel. 0431 80950

a0091348_19173277.jpg


25 agosto 2012
[PR]
by fumieve | 2012-08-25 19:21 | ほかのイタリア
<< モザイクの旅・番外編~グラード... 今日の1枚 >>