ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ヴェネツィアの若松孝二監督~第69回、ヴェネツィア映画祭・7

a0091348_743568.jpg


千年の愉楽
若松孝二監督- 日本, 118'
寺島しのぶ、佐野史郎、高良健吾、高岡蒼佑、染谷将太

残念ながら受賞には絡まなかったが、視点の新しい映画や実験的な映画などを集めたオリゾンティ部門で、部落差別問題に取り組んだ「千年の愉楽」を出品した若松孝二監督。

「・・・映画というのは、国家とケンカするのに手っ取り早い。国家が何もやろうとしない、何か隠そうとしているものを、ぶちまけてやろうと。・・・
映画というのは、予算がないとできない、というわけではない。これから何本とれるかわからないけど、やっていくつもり。」
つい先日ここヴェネツィアで、そう断言し、次作への強い意欲を見せた若松監督の突然の訃報に驚いている。
今はただ、心よりご冥福をお祈りするばかり・・・。

17 ottobre 2012
[PR]
by fumieve | 2012-10-18 07:44 | 映画
<< オートラントの「ワインの罪」レ... 旅の終わりに >>