ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

やっぱり面白い、アルベロベッロ

a0091348_030657.jpg


この町については、今さらごたごたした説明はいらないような気がする。
おとぎの国のような、白い壁にとんがり屋根の「トゥルッリ(trulli)」が並ぶアルベロベッロ。遠目には小人の家のようだが、近くで見ると、実は壁がかなり厚く、ちょっとやそっとのことではビクともしない、がっしりとした建物。
ちなみに、昨日紹介したカステッラーナ鍾乳洞はここから車で20分くらいのところにある。こんなすぐ近くに、地上のぽこぽこと地下のごつごつと、全く違う世界があるのかと思うと、ほんとに不思議でならない。




a0091348_031197.jpg


真夏の、真っ青な空のもとのトルッリもかわいかったが、今回、ゆるゆると水彩絵の具を溶いたような、そんな秋の空のもとのトルッリもまた、何やら旅情があった。

a0091348_0313724.jpg


この町は断然、夕刻から夜にかけてと、朝がいい。今回は泊まった部屋が、観光の中心にあたるモンテ(Monte)地区ではなく、そこに向き合うアイア・ピッコラ(Aia Piccola)という丘の側だったが、こちらはトルッリ群が新市街と隣接しており、夜は地元の人々がそぞろ歩きをしているのに出会った。あ、やっぱりイタリアだ!と思い、妙におかしかった。

a0091348_0324665.jpg


翌朝はさわやかな青空となった。朝一番の、まだお店が開く前の町の中は、ひんやり静かで気持ちがいい。

a0091348_033299.jpg


a0091348_0343562.jpg


a0091348_0355141.jpg


a0091348_0364929.jpg


a0091348_0371787.jpg


・・・それにしても、ピンクのチンクエチェントがこんなに似合う町も珍しい。

a0091348_0374690.jpg


26 ottobre 2012
[PR]
by fumieve | 2012-10-27 00:40 | ほかのイタリア
<< 今シーズン初、本格的アックア・... 複雑怪奇な地下世界に驚愕、カス... >>