ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ヴェネツィアの地味めなクリスマス

a0091348_15205413.jpg


ヴェネツィアはこの時期、アックア・アルタの可能性があって危ないためか、サン・マルコ広場にクリスマス・ツリーは置かず、脇の、小広場と呼ばれるちょっと高くなったところにひっそりと置かれる。
カトリックのお膝元、イタリアでは、クリスマスの飾りといえばまず、イエス・キリスト誕生の場面を描いた人形セット、プレゼピオ(presepio)が第一にありき。最近は、ツリーが主流になってきたとはいえ、なくても文句(?)は言えない。

12月に入って、それでも小広場にこぶりなもみの木が置かれ、いつまでたっても準備中のようだと思っていたら、今年はなんとこれだけだった・・・。




a0091348_15322531.jpg


去年は、アルト・アディジェの人形メーカーThunのプレゼピオが置かれ、ツリーのオーナメントも同社のもので、とくにプレゼピオの方はあまり私好みではなかったが、それでももう少し、クリスマスらしい華があった。

これはいくらなんでも、地味すぎる・・・。
広場で売っているツリー用の大小のもみの木は、枝葉があまり広がらないようにネットをかぶせてあるけれど、まさにあの状態。

町の中のイルミネーションも、去年はずいぶん、その前に比べて地味になったと思ったけど、今年は去年よりさらに数も減り、より地味になっているような気がする。

17 dicembre 2012
[PR]
by fumieve | 2012-12-18 15:38 | ヴェネツィア
<< 一年のしめくくりに クリスマス・マーケット、ローマの場合 >>