ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

2012年しめくくりは・・・「楽園のカンヴァス」原田マハ・著

a0091348_2032990.jpg


今年最後の読書感想文は、こちら。
正直のところ、原田さんの著作はこれまで一作も読んでいなかったのだが、山本周五郎賞に加え、各種の読書賞をにぎわしていることと、どうやらアンリ・ルソーの絵画をテーマにしているらしいとあって、是が非でも読んでみたいと思っていた。

読み始めてすぐに、「うわっツボっ!」
美術の専門家でなくとも、美術館や展覧会に行くのが好きな人なら、ついつい興味を持って読み始めてしまうだろう。

が、お話はすぐに日本を離れ、時をさかのぼる。舞台はニューヨーク、すぐにスイスのバーゼルへと飛び、なんだか翻訳物ミステリーのような展開。
そして、一枚の絵を巡る「物語」。
読者は、登場人物とともに文字通りどきどきとページを繰っていくことになる。劇中劇の中の劇中劇。ミステリーらしいどんでん返しあり、少女マンガ風ロマンチックな劇的展開ありと、幾重もの仕掛けに引き込まれ一気読み。
私にとっても、2012年の読書大賞 と言えるかも。

そして・・「税関吏」ルソーの絵が無性に見たくなった。

30 dic 2012
[PR]
by fumieve | 2012-12-30 20:05 | 読む
<< よいお年を・・・ BUON NATALE! >>