ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

カラカッラ浴場、地下の一部を公開中

a0091348_2581712.jpg


I sotterranei. La decorazione architettonica delle Terme di Caracarra
22 dic 2012 - 30 settembre 2013
http://www.beniculturali.it/mibac/export/MiBAC/
sito-MiBAC/Contenuti/MibacUnif/Eventi/
visualizza_asset.html_1514586690.html

2013年9月30日まで

ローマ市内にある、古代ローマ遺跡の目玉の1つ、カラカッラ浴場。
どんなガイドにも案内が載っていると思うので詳細は省くとして、紀元後3世紀に、皇帝カラカッラによって建てられた施設は、「テルマエロマエ」にも描かれているように、当時のローマ人にとって複合浴場施設がいかに重要であったか、まずその広大さだけをとっても、こうして遺跡を歩いてみると十分に感じることができる。




a0091348_334846.jpg


そのカラカッラ浴場で、地下の(ほんの)一部が公開されている。

だだっぴろい敷地の中に、こつ然と現れる、まるで地下鉄の入口のような階段を下りると、思っていたより広く、細長い空間があった。

a0091348_3113820.jpg


実は、キリスト教の普及以前にローマで信仰されていた宗教の1つ、ミトラ教の元・祭室が公開されているというのを友人のブログで知って、これはぜひ行かなくては!と、ローマでほんの少しだけ空いた時間に駆けつけたのだが、その部分の公開は今年1月6日で終わっており、今公開されているのは、どうやらそれとは別の場所らしい。(そのあたりが事前に慌てて調べた範囲ではわかりづらく、帰ってきてからあらためて写真など比較して、ようやく理解したのだけど。)

a0091348_3181486.jpg


現在公開中のこちらは、テルメ(浴場施設)がテルメとして機能するための部分。地下の動脈部分といったらいいのだろうか、ローマ市民たちがテルメを楽しむために、ここで大勢の奴隷が働かされていた。
同遺跡の発掘物などの展示会場として公開されているのは、並行した2本のトンネルだが、これはほんとに全体のごく一部で、総長は2kmにのぼるらしい。

a0091348_3125624.jpg


雪の予報が一転、いいお天気になったのは幸いだったが、この日は風が猛烈に冷たく、カラカッラ浴場散策も地上は見た目とは裏腹に、こごえんばかり。

a0091348_3215274.jpg


そういえば地下のほうが暖かかった。

a0091348_3203136.jpg


19 gen 2013
[PR]
by fumieve | 2013-01-20 03:27 | ほかのイタリア
<< 「ブレラのお宝、15世紀のタロ... ミラノでナポリを味わう、ピッツ... >>