ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

日本におけるイタリア2013

a0091348_15434010.png


ご紹介がすっかり遅れてしまったが、今年は「日本におけるイタリア2013」年ということで、日本でイタリア関連のイベントがたくさん予定されている。
http://italyinjapan.com/

まず、美術展としては、今週末に始まる国立西洋美術館の「ラファエロ」展
4月から東京都美術館で開催される「レオナルド・ダ・ヴィンチー天才の肖像」展
福井県立美術館で6月末より、そして続けて秋に国立西洋美術館で予定されている「ミケランジェロ展ー天才の軌跡」

なんとイタリア・ルネッサンスの3大巨匠そろいぶみで、そんなことってたぶん、イタリアではあり得ないし、ロンドンやパリだって、彼らに関する大規模企画展は、数年に1回あればいい方だろう。

ほかにも、来週末からBUNKAMURAで始まる「ルーベンス」展、これも彼のイタリア修行時代に焦点をあて、イタリアの美術館から作品を多く集めているということで、これも「日本におけるイタリア」公式イベントの1つとなっているほか、フィレンツェのピッティ美術館から、日本であまり知られていないイタリア近代絵画も紹介される。

また、オペラもイタリアを代表する劇場が3つ、相次いで来日公演を行なう。
まずは、私としてはおなじみ、ヴェネツィア・フェニーチェ歌劇場の「オテロ」が、4月に大阪、名古屋、東京にて幕を上げたあと、9月にはミラノ・スカラ座の「ファルスタッフ」、「リゴレット」そしてバレエ「ロミオとジュリエット」東京公演。最後に11月にはトリノ王立劇場が「トスカ」、ッヴェルディの「レクイエム」、「仮面舞踏会」で幕を閉じる。
今年はイタリアの作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディの生誕200周年になるため、公演もヴェルディの作品が中心で、これもまた、日本でこれだけまとめてヴェルディを聴くことができるのもめったにないことでは?

ほかにももちろん、定番のイタリア映画祭や、食品、職人技関係のイベントも目白押し。
プログラムを見ていると、イタリアで生活に追われて、毎日をぼーっと過ごしているよりもずっと、日本にいるほうが「イタリア」を感じることができそう。

みなさんもぜひぜひ、そんなイベントに足を運んでみてください!

28 feb 2013
[PR]
by fumieve | 2013-02-28 16:05 | 見る・観る
<< 「アンダー・ザ・カヴァー 生き... ある週末 >>