ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

「本の周辺、アートとデザインの間で」展・・・のはずが・・・

a0091348_11433.jpg


数千年の歴史を持つ、人類の叡智を重ねた「聖なる」書が「本」ならば、私たちのふだんの生活のもっと身近にいて、私たちを喜ばせたり悲しませたり、ときにはうたた寝の枕がわりにもなったりするのもまた「本」。
「人類の「アルファベット」展」開催中のアンブロジアーナ絵画館から徒歩10分ほど、つい先日までは修復されたジョヴァンニ・ベッリーニのピエタ像を中心に、やはり「聖なる」絵画を紹介していたミラノのポルディ・ペッツォーリ美術館で今度は、ポップな企画展が行なわれている。
これは、複合イベントとしては既に期間を終えているが、「フオーリ・サローネ」に合わせた展示の1つで、いろんな意味での「本」の周辺を、デザインという観点から見たもの。



a0091348_123746.jpg


1階の特別展室は、「本」をマテリアルとして見立てたオブジェたち。
常設展への入口となる階段の手前では、現代(2005年)の書見台と、ルネサンス時代(1500年)の書見台が対峙して、まるで門兵のようにさりげなくヴィジターを迎えている。

a0091348_13328.jpg


a0091348_135999.jpg


2階は常設の中での展示。

a0091348_135857.jpg


a0091348_15297.jpg


・・・ゴシック、ルネサンス、そしてバロックの珠玉のコレクションの間に置かれたさまざまな「本」の展示たちは、そのミスマッチこそが本来は面白いはずなのだが・・・そう思って見始めたものの、ここ、ポルディ・ペッツォーリには、もともと見るべきすてきな作品や家具、調度品が多すぎる!

a0091348_14488.jpg


a0091348_154088.jpg


何度行っても、常設を見るだけでも目移りの同館、で、いつのまにか「本」の展示のことは忘れてしまいそうになった・・・。

a0091348_16186.jpg


(でも、このブックエンドは気に入った!)

とはいえ、もともと常設展示室のいくつは、モダンな照明やソファ、ベンチが置いてあって、それはそれでとてもおしゃれだし、ともかくイタリアでも大好きな美術館の1つ。

a0091348_173245.jpg


「本の周辺、アートとデザインの間で」展
ポルディ・ペッツォーリ美術館、ミラノ
5月6日まで

Intorno al libro.
Tra Arte e Design.
5 aprile - 6 maggio 2013
Museo Poldi Pezzoli, Milano
www.museopoldipezzoli.it

18 aprile 2013
[PR]
by fumieve | 2013-04-19 01:10 | 見る・観る
<< 衝撃!?・・・深く納得の「フラ... ヴェネツィアは(水上)散歩日和 >>