ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

マヨリカの床にほれぼれ、アナカプリのサン・ミケーレ教会

a0091348_2043168.jpg


カプリ島で、華やかなお店が軒を競い、人も多くてよりにぎやかなのがカプリ地区。旧市街アナカプリは、こじんまりしてもっとかわいらしいイメージ。
お土産屋さんの並ぶ小さな通りからちょっと入ったところにあるサン・ミケーレ教会は、アナカプリで見逃せない観光ポイント。



a0091348_2039214.jpg


1698年から1719年に建てられた教会は、外観は一見ごくふつうの、シンプルめなバロック、イタリアの小さな町を歩けばいくらでも出会いそうなファサード。

あっと驚くのは、床一面に敷き詰められたマヨリカ焼きのタイル。1761年、レオナルド・キアイエーゼというマヨリカ職人によるもので、キアイエーゼは、ナポリを中心にこのあたりで活躍していた、当時を代表する職人一家だったらしい。


a0091348_20424711.jpg


a0091348_20392339.jpg


入口を入って、すぐに目の前に飛び込んでくるのは、さまざまな動物たち。ヤギやライオン、ラクダにヒョウ、と図鑑のようにリアルな動物たちの中には、しかし、白い一角獣(ユニコーン)も。
中央部には、その楽園を追われるアダムとイヴの姿が見え、中央には、禁断の実をたわわにつけた木に、蛇がからんでいる。

a0091348_20404712.jpg


こうして間近で見るのは迫力があっていい分、全体像がわかりづらいのだが、チケット売り場の前に小さな螺旋階段があって、そこから上にあがると、全体を見下ろすことができる。

a0091348_20421234.jpg


正面、両サイドの礼拝堂もそれぞれ、もちろんタイルで飾られている。

a0091348_20462839.jpg


a0091348_20404613.jpg


アナカプリの町の中にも、こんなかわいらしいベンチがあちこちにしつらえてあって、かわいい。

a0091348_2045593.jpg


11 maggio 2013
[PR]
by fumieve | 2013-05-11 20:48 | ほかのイタリア
<< 黄色と青のクーポラが目印、崖の... ありがとうございました。 >>