ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

第55回ビエンナーレ・7 目に優しい、エコな英・米・豪

a0091348_1629337.jpg


それぞれの国が、独自に発表しているはずの国別パビリオンで、それでもあえて今年の傾向のようなものを見るとすると、それはエコノミカル(低予算)&エコロジカル(環境にやさしい)かつ、内面・内向的な作品、展示が多かったように思う。
これは、企画展のほうでもそうだったのだが、「芸術は爆発だ!」的な作品は姿を潜め、家の中で、身近な材料を使って、ちまちまと趣味で作っているような作品が圧倒的に多かった。



a0091348_1630333.jpg


前回は、ひっくり返した戦車をルームランナーに見立て、みんなをびっくりさせた米国館

a0091348_16345830.jpg


a0091348_16361363.jpg


a0091348_16353691.jpg


こちらは、オーストラリア館。

a0091348_16365746.jpg


a0091348_16372450.jpg


a0091348_16375786.jpg


美術家でもアマチュアでも、大人でも子どもでも、自分の手を使って表現していく、ある意味それは「アート」の原点なのかもしれない。

a0091348_16394284.jpg


英国館は、私が見たときにはちょうどTV撮影中だった。(ので、あとでもう1回行ってゆっくり見ようと思ったのに忘れていた!)

a0091348_16403946.jpg


ウィリアム・モリスのタイルと、

a0091348_16412114.jpg


一見、現代アートに見えるこちらは、モリスのプリント地と、その版木!

a0091348_1644079.jpg


a0091348_16415941.jpg


a0091348_16432843.jpg


緑のテラスでは、紅茶のサーヴィスがあって、あちこち見て回って疲れた体にはとてもありがたかった。(ただし、期間中ずっとやっているのかどうかは不明)。

a0091348_16444195.jpg


a0091348_16274082.jpg


Australia
Here art grows on trees
Simryn Gill
Curatore: Catherine de Zegher

Stati Uniti d’America
Sarah Sze: Triple Point
Sara Sze
Commissari: Carey Lovelace, Holly Block

Gran Bretagna
English Magic
Jeremy Deller
Curatore: Emma Gifford-Mead

a0091348_16455076.jpg


13 giugno 2013
[PR]
by fumieve | 2013-06-13 16:46 | ビエンナーレ2013
<< 日伊の電化製品に思う・・・ 第55回ビエンナーレ・6 町中... >>