ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

夏恒例、野外映画館が始まった!

a0091348_17142483.jpg


昔のサーカスを思わせる、ちょっと物悲しげな掘建て小屋のチケット売り場と、これまた華やかというよりはかえって物悲しげな万国旗。
しかし、慣れとは恐ろしいもので、このレトロなセッティングができあがると、おっ始まったと、わくわくする。
ヴェネツィアの夏恒例、サン・ポーロの野外映画館



a0091348_17135142.jpg


早くも3日めの昨夜、26日は、マリア・ソーレ・トニャッツィ(Maria Sole Tognazzi)監督の ”Viaggio Sola”(旅、ひとり)。
マルゲリータ・ブイ(Margherita Buy)扮するイレーネは、ある仕事のため、世界中の5ツ星ホテルを点々としている。その妹(姉かもしれない)は、オーケストラの楽団員、同じ楽団員の夫とは思いっきり倦怠期にあり、娘2人をもてあましぎみ。

パリやベルリンからリゾート地まで、あちこちの5ツ星ホテルのスイート・ルームや超一流のサーヴィスを一緒にかいま見られるのは悪くない。
だが、(なんだかそんな役ばっかりのような気がする)ブイ様と同じく、中年、独身、一人暮らし、そしてそんな超高級ホテルではないし、イタリア国内限定とはいえ、旅の多い生活をしている身からするとかなりイタイ。途中から、これはどっちに転んでもなんだかなーと思っていたが、案の定、予測の範囲を越えない結末。
ま、ミラクルがいっぱい起きて、すべてめでたし、めでたし、みたいな映画もしらじらしくっていただけないけど、うーーーん、こーれーはーーー・・・。

・・・明日以降に期待しようっと。

a0091348_1715618.jpg


プログラムはこちらからダウンロード
http://www.comune.venezia.it/flex/cm/pages/ServeAttachment.php/L/IT/D/c%252F0%252Fd%252FD.6f5a97e8b962adb606df/P/BLOB%3AID%3D65583

a0091348_17195612.jpg


グラフィックはなかなかかわいいのだが。(毎年使い回しとはいえ・・・)

27 luglio 2013
[PR]
by fumieve | 2013-07-27 17:22 | 映画
<< やっぱり「山の幸」がおいしいトレント フレスコ画の町並みが美しいトレント >>