ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

バルセロナの休日

a0091348_856559.jpg


周りのイタリア人誰に聞いても、絶対に100%「いい!」と言うバルセロナは、イタリアの各都市に比べると圧倒的に都会なこと、イタリア人が大好きな海があること、そして何だかんだ言って、パリやロンドンに比べると、イタリア語しかできなくっても、なんとか強引に通じさせることができるからだろうと、ちょっとタカをくくっていた部分があった。イタリア人がこぞって、羽を伸ばしにいくところ、みたいな。

意外にもまったく初めてのバルセロナは、だからちょっと斜に構えて、あえて力まずに臨んだのだが、これがもう、見るもの食べるもの、何もかもがすべてすばらしくて、すっかり魅了されてしまった。

町自体の魅力ももちろんなのだが、それを200%楽しめたのはまず、忙しい中で快く宿を提供してくれたm&j さんご夫妻のおかげ。そして、仕事の合間をぬって町歩きにつきあってくれたmちゃんのすばらしい案内で、これまた全く知らなかったバルセロナの町の歴史もちょっと身近に感じられ、とくに、天才ガウディという人についてはもはや他人ではないくらいの気分で観光を楽しんだ。
温暖な気候のおかげだろうか、観光客も多い大都会にも関わらず、町の人がみな親切で感じがいいのも、すてきな発見だった。
肝心のお天気は、当初はかなり崩れる予報だったのに、結局、初日に美術館の中にいる間に激しい雷雨があっただけ。あとはときどき雲が出たものの、全体には澄んだ青い空に恵まれた。海もきれいだった・・・。
それからもちろん、忘れてはならないのは旅の友。私よりガッツリ歩いて、私より(ときには)ガッツリ食べ、ときには別行動も可、の友人との旅はほんとに嬉しい。

目が回るほど初バルセロナを堪能したような、うーんとリラックスしたような、両方の気分。すてきなプチ・ヴァカンスをありがとう!!!

7 ottobre 2013
[PR]
by fumieve | 2013-10-08 08:57 | 異国の旅
<< 「ことばの家」2013-14は... フィレンツェのプロシュッテリア... >>