ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

バルセロナにて・3〜隠れ家の中にあるものは・・・

a0091348_1421282.jpg


「ぜひ見せたいものがあるの」。
友人はそう言って、町のカテドラル(大聖堂)のすぐ裏あたりの、路地の奥に案内してくれた。




a0091348_14223397.jpg


中庭というわけでもない、複数の建物の間の狭い空間でみんなが見上げて眺めていたのは・・・

a0091348_14233534.jpg


ローマ遺跡!!!
ローマ時代、もっと正確に言うと、紀元後1世紀、ローマ初代皇帝のアウグストが建てた神殿の一部だった。
こうして建物に挟まれるようにして、円柱が4本だけ残されているが、もともとここは、フォロとよばれる広場であったらしい。

そういわれてみれば入口には、その直前に案内してもらった古文書館のように、手描きのタイルがかかっており、ローマ神殿(Temple romano)と書いてご丁寧に絵もついていたのだった。

じっくり好きなだけ眺めていられるようにだろうか、すてきなタイル張りのベンチになっているのも嬉しい。

a0091348_1430719.jpg


案内人なしでは見逃していたであろう、秘密の隠れ場のようなローマ遺跡。
バルセロナ歴史博物館の管轄になっているが、無料でここだけさらっと見学できる。
今回、残念ながら歴史博物館は見学できなかったが、ここも次回は行ってみなくては・・・。

Temple d’August
Museu d’Historia de Barcelona
http://www.bcn.cat/museuhistoriaciutat/es/muhba_temple_august.html

a0091348_14301937.jpg


14 ottobre 2013
[PR]
by fumieve | 2013-10-14 14:32 | 異国の旅
<< 「イタリアの引き出し」、内田洋子・著 バルセロナにて・2〜タパスばんざい! >>