ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

お屋敷で、現代美術〜カステル・サン・ジョヴァンニ

a0091348_22365199.jpg


ミラノから1時間くらいのピアチェンツァから、さらにローカル電車に乗って15-20分、カステル・サン・ジョヴァンニ(Castel San Giovanni)という小さな町。

町をのぞむ丘の上に建つブラギエーリ館(Villa Braghieri)、18世紀に建てられたヴィッラは、20世紀初め、所有者でこの町の市長も務めたカルロ・ブラギエーリ氏が周囲の農用地も含め、市に寄贈。現在は市立図書館および古文書館になっている。



a0091348_2237199.jpg


その建物の一部を使って、ミラノ内外で活躍する12人の女性アーチストによる、「自然再生」をテーマにした作品展が行なわれている。

a0091348_2237392.jpg


古いお屋敷を使った展示は、ヴェネツィア・ビエンナーレなどでもおなじみだが、こちらは家具類や、あるいは今の図書館としての機能も含めた中での展示で、より、どこからどこまでが作品なのか、その融合が楽しい。

a0091348_22371493.jpg


a0091348_22371865.jpg


a0091348_22372029.jpg


a0091348_22373363.jpg


・・・これは建物の一部らしい。

a0091348_22373871.jpg


a0091348_22373960.jpg


こちらは、18世紀のフランスの、銅版画のコピー。

a0091348_22373680.jpg


イタリアのこういうお屋敷の壁で、だまし絵はよくあるけど、版画が描かれているのは珍しい。

a0091348_2238750.jpg


天井は漆喰に彩色。

a0091348_22374229.jpg


a0091348_22375551.jpg


a0091348_22375144.jpg


当然のことながら、部屋により装飾もすべて異なる。中には音楽をモチーフにした部屋も。

a0091348_22381377.jpg


a0091348_22381525.jpg


a0091348_22382067.jpg


こちらは、宮山香里さんの作品。

a0091348_22462034.jpg


現在は東京を拠点に活動されているが、相変わらずミラノほかイタリアでも次々と作品を発表されているのは頼もしい限り。(香里さんの作品は、以前こちらでも。
http://fumiemve.exblog.jp/7370617/)

a0091348_22472753.jpg


ついでに、展示には関係のない、図書館部分も見せていただいた。

a0091348_22475815.jpg


a0091348_22483885.jpg


ちなみにこちら、地下は、その昔、ワイン作りに使われた道具などを置いた小さな民族博物館になっている。冬の間に雪をためておいたという巨大な氷室もある。

ピアチェンツァの自然史博物館と同時開催で、そちらにも行くつもりだったのだが、滞在した日は午後休館で、残念ながら見られなかった。(開館時間も十分確認したつもりだったのに・・・)

a0091348_22494299.jpg


La natura rigenerata
Villa Braghieri, Castel San Giovanni
21 set - 17 nov 2013

28 ottobre 2013
[PR]
by fumieve | 2013-10-28 22:54 | 見る・観る
<< アヒルの季節〜モルターラにて 第55回ビエンナーレ・16〜1... >>