ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

アヒルの季節〜モルターラにて

a0091348_1735290.jpg


ピアチェンツァからさらに西北へ向かってロンバルディア州へ。パヴィア県モルターラ市というところは、アヒルのサラミで知られる。
毎年、9月下旬に「アヒルのサラミ祭り」があって、その時期から春まで、アヒルが解禁になるらしい。
という話を聞いてから2年越し(かな?)、とうとうそのアヒルに連れていっていただいた。

視界が悪くなるほどではないけど、薄曇りというよりはうっすらと霧のただよう田園地帯。ほんとにこんなとこに、そんなレストランが?・・・と疑うような、畑の中に突然現れた建物には、確かにアヒルの看板がかかっている!



a0091348_1735964.jpg


で、噂の「アヒルのサラミ」など盛り合わせ。
でも、この日はちょっと肌寒かったので、私はその前菜の代わりにオニオン・スープを。イタリアでめったに見かけないメニュー、あっつあつでおいしいっ!

a0091348_174237.jpg


すっかり体がぽかぽかになったところで・・・

a0091348_1741030.jpg


ジャジャーン、これがアヒルの丸焼き。ちなみにこれは中くらいのサイズだそう。なにしろこのサイズなので、4人(以上)で来ないと食べきれない。そういえば、北京ダックもそうだっけ。また、オーブンでじっくり、5時間半かけて焼くので、この丸焼きは、テーブル予約の時点で、これも予約が必要。
こうして出来上がりを見せていただいたあと、個別に、ざっくりと盛り合わせてサーヴされる。アヒル自体は、すっかり脂が落ちて思ったよりもかなりさっぱり、その脂を十分にすった、ほこほこのポテトが禁断のおいしさ。

a0091348_1741477.jpg


一度取り分けたあとの姿。

a0091348_1742356.jpg


もちろん、ここからまだまだ、もう1皿分ずつくらいお肉を堪能。

デザートは、レモンのセミフレッド(semifreddo、冷たくないアイスみたいなもの)、いちご&キウィのソースがけ。

a0091348_1742763.jpg


最後、おなかいっぱ〜いといいつつ、カフェと一緒に出てきたビスケットもパクパク。

a0091348_1743141.jpg


a0091348_1743852.jpg


Trattoria Guallina
Via Molino Faenza, 19 Guallina
Mortara (PV)
Tel. 0384 91 962

a0091348_174790.jpg


www.trattoriaguallina.it

28 ottobre 2013
[PR]
by fumieve | 2013-10-29 17:08 | ほかのイタリア
<< ヴェネツィアで「グスト(味)の... お屋敷で、現代美術〜カステル・... >>