ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

バルセロナにて・11〜ガウディ屋上散歩、カサ・ミラ

a0091348_18244041.jpg


バルセロナ市内、ガウディの設計した建物は、サグラダ・ファミリア以外にもいくつか、館内が美術館として公開されている。

グラシア通りのカサ・ミラ(Casa Milà)は、ガウディの設計で1906-10年に建てられた。建物の大部分は今でも私有で非公開。なので、チケットを買って中に入ると、いきなりエレベーターで屋上へと向かう。




a0091348_18242528.jpg


(建物の下から見上げたところ)

うわあ〜・・・。

a0091348_18244156.jpg


その昔、デパートの屋上がちょっとした遊園地になっていたけど、それと、箱根彫刻の森美術館を足して2で割った、ガウディ版といった感じ。

a0091348_1825663.jpg


a0091348_18251098.jpg


坂の上に建つ建物の屋上は、360℃見晴らしもよく、ガウディの不思議彫刻と、その向こうに見えるふつうの都会のミスマッチも面白い。そしてこんなに見晴らしがいいのに、階段とスロープがくねくねと入り組んで、すぐ目の前に直接行けない、まるで迷路のよう。

a0091348_18253126.jpg


a0091348_18244484.jpg


こちら、お仕事中。

a0091348_18244784.jpg


上からのぞきこんでも、建物もぐにゃぐにゃ。

a0091348_18253330.jpg


誤算だったのは、友人が高所恐怖症だというのをうっかり忘れていたこと。高いとこ大好き、大はしゃぎの私と裏腹に、彼女はほとんど歩くことも外を見ることもできず、へたりこんでいたのはほんとうに気の毒だった・・・。

その下、ぐねぐねを支える構造部分の階は、ちょっとしたガウディ博物館になっている。

a0091348_18303226.jpg


a0091348_18304082.jpg


もう1つ誤算というか失敗したのは、さらに下の階のアパートメント部分も公開されていたこと。もともとあまり時間がなかったのだが、1人で上ではしゃぎすぎて、ここをじっくり見学する時間がなくなってしまった。屋上はほどほどに、もっとこっちをゆっくり見ればよかった・・・同行mちゃん、ごめんなさいっ!

a0091348_18304514.jpg


a0091348_18305199.jpg


a0091348_1830544.jpg


a0091348_18305839.jpg


次回は、ぜひ、ほかのガウディ・ハウスにも行ってみたい。

a0091348_18333511.jpg


Casa Milà
Passeig Gracia 92
http://www.lapedrera.com/

4 novembre 2013
[PR]
by fumieve | 2013-11-04 18:36 | 異国の旅
<< 「エンニオ・モリコーネ、自身を... プラダ財団の試み〜When A... >>