ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ルネサンスの館で当時の音楽を〜グリマーニの音楽

a0091348_8471774.jpg


ヴェネツィアを代表するルネサンスの館、グリマーニ館美術館(Palazzo Grimani)で行なわれる小さな演奏会。昨年、好評を喫したイベントが今年も始まった。
2月から5月にかけて月2回ずつ、土曜日の18時から。(カレンダーがやや不規則なのは、その間の週には子ども向けのイベントを開催しているから。)
美術館の入場券で普通に入館し、そのまま演奏会を楽しむことができる。



a0091348_8471929.jpg


2014年第1回の先週は、「グリマーニ枢機卿のためのカンツォネッテ(canzonette、小さな歌)」。
イタリア中部ファブリアーノ(Fabriano)出身、ヴェネツィアで活躍したバルトロメオ・バルバリーノに関しては、1611年に当時のクロニスタ(cronista, 年代記者)が、スクオラ・ディ・サン・ロッコ(Scuola di San Rocco)でその声を聴き記録を残している。

「それはもう、聞いたこともない見事な声で、その甘い声はある意味、超自然と言ってもいいだろう。世界中見渡しても彼を越えるものがいるとは思えない」。

そのバルバリーノ本人が1616年に、自らのソロに「キタッローネ(chitarrone、巨大なギターという古楽器)または別の楽器」を伴奏をつけた歌曲を発表。これは、アントニオ・グリマーニ枢機卿に捧げられた。

撮影禁止のため、写真はグリマーニ美術館のFBから拝借した。

Canzonette per il Cardinal Grimani
Le Canzonette a voce sola di Bartolomeo Barbarino da Fabriano detto il Pesarino, 1616

Aurelio Schiavoni controtenore
Nicola Lamon clavicembalo
Pierpaolo Ciurlia chitarrone

Le Musiche dei Grimani
Concerti e danze
Fra Rinascimento e Barocco
Febbraio - maggio 2014
Palazzo Grimani
Tel. 041 24 11 507
www.palazzogrimani.org

次回は2月8日(土)、その次は3月になるので要注意。

6 feb 2014
[PR]
by fumieve | 2014-02-07 08:52 | 聞く・聴く
<< ヴェネツィアの、あの「バカラン... 第55回ヴェネツィア・ビエンナ... >>