ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

王様の食堂、ナポリの「タヴェルナ・ド・レ」

a0091348_310337.jpg


ナポリでは魚介。
もちろんヴェネツィアでも、魚介類はよく食べるけれども、同じ魚介でもナポリのほうが豪快感があるのは気のせいだろうか?

「王様の食堂(A taverna do’ Re)」という名のこのお店、「食堂」とはいえ「王様の」とあって、インテリアもテーブルセッティングも豪華すぎず、でもちょっとおしゃれでいい感じ。



a0091348_394814.jpg


つきだし、というか、パン代わりに出てくるフォカッチャ(ピッツァの皮みたいなもの)。こじゃれたお店だけど、ピッツェリアとしてちゃんと釜もあるから、もちろん焼きたて。空きっ腹に出てくるこれがまず、危険極まりない代物。

お任せで出てきた前菜は、

a0091348_395073.jpg


まずは、バカラ(干鱈)のクルード(生)。バカラはヴェネツィアでも定番だけど、煮込んで使うのが普通だからちょっと新鮮な味。

a0091348_395361.jpg


そして、カタクチイワシの重ね焼きと、茹でダコの白インゲン添え。

a0091348_3125628.jpg


一方は小さなイワシを開いて揚げて、トマトとチーズと重ねたもの。手間ひまかけた味、だけど見た目よりさっぱりめで、イワシの青魚としての味がきちんと残っていておいしい。

a0091348_310756.jpg


対称的に、タコはシンプルに茹でただけ(たぶん)。ふんわりやわらかくて、きちんと歯ごたえも残っていて絶妙。白インゲンと合わせてあるのも意外な組み合わせ。自己主張の控えめなお豆だからこそ、タコの自然な味が生きるのだろう。
(写真一番上。)

そしてパスタ。
一人前を半分ずつにしてもらって、まず最初は王道ヴォンゴレ。

a0091348_310177.jpg


スパゲッティが「アルデンテ」なのはさすがナポリ。(ヴェネツィアだともっと柔らかく茹でてしまう)でも固すぎず、ちょうどいい。でも何より、さっと火を通した、あさりそのものがジューシーでおいしい〜!!!ふだん「スパゲッティ・ヴォンゴレ」のあさりは、出汁代わり、ぐらいの気持ちでいるけど、ここではあさりが主役。

a0091348_3102183.jpg


もう1つは、ミニイカと、ケッパー、オリーヴのパスタ。これもまた絶妙アルデンテで、ちっちゃいけどプリプリのイカさんがおいしいのだけど、ここまでのほかのお料理に比べて、かなり塩味がきつかった。塩漬けのケッパーを使っているためだろう。

パスタ1皿めくらいですでにかなりお腹がいっぱいだったが、この日の食事隊長の強い主張により登場した、魚介のフライ・ミックス。

a0091348_3102473.jpg


・・・一人前、だけ頼んだはずだったのだが・・・(笑)。

残念ながら、デザートにはたどり着けず。

a0091348_3103764.jpg


で、このお店、以前にもここで紹介したつもりでいたが、どうも見つからないので、ひょっとしたらかぶっているかもしれないけど、前回の写真も一気に公開。このときは4月だったためか、ブルーのグラスや、やはり青の縞のナプキンを使っていて、やっぱりおしゃれ。

a0091348_3102873.jpg


a0091348_3103969.jpg


a0091348_3104274.jpg


a0091348_3104560.jpg


a0091348_3105185.jpg


a0091348_3174195.jpg


a0091348_318421.jpg


Osteria Pizzeria A taverna do’ Re
Fondo Supportico di Separazione, 2/3
(Piazza Municipio) Napoli
Tel 081 5522424
www.atavernadore.com

a0091348_319458.jpg



10 feb 2014
[PR]
by fumieve | 2014-02-11 03:20 | ほかのイタリア
<< サンタ・キアーラ修道院のマヨリ... 空港で磁器展、ナポリのカポディモンテ >>