ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

手作りのカーニヴァル、アトリエへようこそ!

a0091348_19524946.jpg


「こどもたちのカーニヴァル」は、こどもたちのためだけではない。
大人も一緒に楽しめるのが、サン・マルコ広場近く、ビエンナーレ本部のあるカ・ジュスティニアンにできている「グラン・アトリエ・ディ・サルトリア(Grand Atlier di Sartoria)」。カーニヴァル用の仮面や帽子、アクセサリーを自分たちで手作りしよう、というアトリエで、道具や材料があれこれ揃っていて、これももちろん、入場も利用も全部無料!
とくに布は、ヴェネツィアを代表する生地メーカー、ルベッリ社が提供している。フェニーチェ劇場のインテリアなどにも使われている高級生地。




a0091348_19571969.jpg


そして、やはりビエンナーレならではなのが、このアトリエも、舞台衣装・美術家のDanièle Sulewic さん、および、ヴェネツィアの美術高校(Liceo Artistico Michelangelo Guggenheim di Venezia)の協力によるもので、彼らが、実際にアイディアを形にするお手伝いやアドヴァイスをしてくれる。

a0091348_1957613.jpg


このアトリエは「こどものカーニヴァル」のイベントの中でも新しく、去年から始まって今年は2回目。今回は、「お菓子」をテーマに、ケーキやデザート、あま〜いものを使ったアクセサリーを作る、というのが唯一の決まりごと。

a0091348_19523174.jpg


ヨーロッパ在住というアメリカ人ファミリー。この男の子がめちゃめちゃ器用で、・・・はてはほんとにパティシエ!?

a0091348_19524182.jpg


a0091348_19524591.jpg


a0091348_19525033.jpg


妹さんはこちら。

a0091348_19533391.jpg


子どもたちが一生懸命、男の子は1人で黙々と、女の子は係の女性に手伝ってもらいながら作り上げていく間、お父さんもお母さんも、2人ともそれぞれ、自分の帽子を作るのに夢中で、子どもたちほったらかし!さすがというか、なんというか。
それぞれがそれぞれの作りたいものを作って、最後にみんなで記念写真を撮って、カーニヴァルたけなわの街へ繰り出していった。

a0091348_19534143.jpg


a0091348_19533654.jpg


こちらは、マンマときていた、地元の女の子。針を使ったの、初めてだったみたいだけど、よくできました!

Grand Atelier di Sartoria
Ca’ Giustinian (San Marco)
22, 23 feb, 1, 2, marzo 10.00-18.00
27 feb, 4 marzo 15.00-18.00

a0091348_19523065.jpg


26 feb 2014
[PR]
by fumieve | 2014-02-26 20:00 | ヴェネツィア
<< 好きなものは好き!、カンディン... そしてヴェネツィアで・・・ >>