ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

モザイクの旅・番外編〜ヴァチカンの異教徒のネクロポリスにて

a0091348_16431075.jpg


ポンペイのミニチュアのような、ヴァチカンの「トリオンファーレ通りのネクロポリス」は、墓所の室内がまさに当時のローマ人の家と同じように、フレスコ画や漆喰、大理石や彫像で飾られているのだが、当然のことながら床もモザイクで装飾されているところもある。



a0091348_1643361.jpg


家がミニチュアなのに、モザイクのテッセレ(tessre、そのために四角く切った石片)は通常の家と(たぶん)同じ大きさだから、中には1モチーフで1部屋がいっぱい、みたいになっているところもある。

a0091348_16435591.jpg


でも、ここのモザイクで圧倒的にすごいのは、これ。

a0091348_16435840.jpg


部屋の正確な大きさはわからないが、上から見た感じ、2mx2m くらいだろうか。
ぶどうの蔓に囲まれているようで、遠目にはバッカス(イタリア語ではバッコ、酒神)かと思ったが、真上から見ると正面に立つのは女性のようにも見える。背の側に矢が見えるから、ヴィーナスとキューピッドだろうか???・・・キューピッドにしては大人過ぎるような気がするし、中心の人物もヴィーナスにしては筋骨隆々すぎるか・・・?また、今どきの感覚からすると、あまり墓地にふさわしいモチーフとも思えないが・・・。当時はこれはこれで意味があったのだろうか・・・???
にしてもお昼休みがなくなって、モノトーンで、写実的というよりは様式化した絵ながら、細かいテッレを使ってほんとうに凝ったモザイクで、美しい。死者のための家の床にこれを作らせてしまうのだからすごい。
あの世での幸せを願って、豪華な装身具一式を埋葬者にそえるのは、古代エジプトから中国、そして中世のロンゴバルドなどの元・遊牧民族ら、古今東西あまり変わらない。だが、立派な家を建てて、その家を妙にきっちりと整えるのは、なんだかとてもローマ人らしい気がする。

a0091348_16425573.jpg


トリオンファーレ通りのネクロポリ
Necropoli della Via Triumphalis
http://www.museivaticani.va/

12 apr 2014
[PR]
by fumieve | 2014-04-12 16:48 | モザイクの旅
<< フオーリ・サローネ2014〜1... ヴァチカン、もう1つのネクロポリス >>