ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

セルジョ・ベッティーニのギリシャ、ヴェネツィア大学にて

a0091348_18252118.jpg


ヴェネツィア大学カ・フォスカリ文学哲学部の研究室棟。

2001年に私が最初に大学に登録したとき、事務局でぱらっと、観光地図のようなヴェネツィアの地図を渡された。島中、いや、島の外も含め大学の本部、施設、教室、図書館、研究室・・・が30カ所以上に散らばっていた。そのほとんどが、何々館と名前のついたヴェネツィアの歴史的建造物で、どれも古いのはもちろん、無理に大学施設に利用しているからキャパシティも設備も不十分で、研究室の待合室にあたるサロンは、学生が大勢いると「底が抜けるから気をつけろ」と言われたりしていた。
何と言っても、ともかく場所がそれぞれ離れているから、授業と授業の間に教室から別の教室へ、市内を(ときにはパニーノなどほおばりながら)走って移動し・・・なんてこともザラだった。
そうそう、そういえば、カナル・グランデに面した大学本部、「カ・フォスカリ(Ca’ Foscari、フォスカリ館)」も長らく工事中だった。

もう7-8年になるだろうか(ああ、光陰矢の如し!)、元倉庫を利用した新しい教室棟ができ、文学哲学部の新しい研究室棟もできたのはいいのだが、この研究室棟、元・某国営企業のオフィスだったという建物が、なんとも無機質で(かつ内装が安っぽい)、なにより窓のない狭い廊下が息苦しく、閉所恐怖症の者にとってはかなりしんどい、できるだけ行きたくない場所になっていた。もちろん、研究者ではないので自分が通うわけではないのだが。



a0091348_18262432.jpg


・・・と、昔話が長くなってしまったが、その憂鬱な空間が、これまた2年ほど前から、気の利いたすてきな展示スペースになっている。

a0091348_18252571.jpg


セルジョ・ベッティーニ(Sergio Bettini、1905-1986)、パドヴァ近郊出身、イタリアを代表する美術史家の1人。その彼が、1936年に奨学金を得て、ギリシャのビザンチン遺跡を調査して歩いたときの、写真とメモ。

a0091348_1826880.jpg


まずはその、写真の美しさ、うまさに驚く。
風景を含めた外観はもちろんのこと、聖堂内の暗いところ、しかもクーポラや壁など、遠い位置のモザイクやフレスコ画など、いずれも大きなパネルに引き延ばしてなお、十分に鑑賞が可能な精密な写真。ほとんどが、自身の手によるものらしい。
そして、手描きの地図のうまさに感心し(何かから写し取ったのだろうか?)、さらにスケッチもうまいことに気がついてますますビックリ。

a0091348_18253844.jpg


a0091348_18261495.jpg


確かに、イタリアで一緒に美術史を学んだ友人の中にも、絵がうまい人がいたけれど、(昔の)研究者というのはこういうものなのだろうか?

a0091348_18261157.jpg


もちろん、画家でなく研究者だから、観察メモがまた細かい。びっしりと、ときに小さなスケッチを交えながら、冷静に、ことばによる描写を徹底して行なっている。

a0091348_18261671.jpg


a0091348_18261814.jpg


それらがすべて、実物ではなく複写とはいえ、オフィシャル・レターも、友人宛の絵はがきも、そのメモ帳も、実物を写真で撮ったものをパネルにしているから、この長い(ただ憂鬱だった)廊下を、ベッティーニ大先生の案内でギリシャを回っているかのような、そんな気分にさせられるちょっとした空間に変えている。

これは1986年にヴェネツィア大学が、ベッティーニの蔵書とともに、写真、文書資料として獲得し、ドリーゴ教授の指揮の下で調査、整理が行なわれたうちの一部。このギリシャの旅に限らず、その全資料のまとめは、2011年に2冊の書籍となって発行されているほか、もちろん必要に応じて閲覧可能なほか、一部はヴェネト州のオンライン・カタログでも検索できる。

http://catalogo.regione.veneto.it/beniculturali/

Università di Venezia Ca’ Foscari
Dipartimento di Filosofia e Beni Culturali
Palazzo Malcanton Marcorà, Dorsoduro 3484/D, 3°P
http://www.unive.it/nqcontent.cfm?a_id=173212

27 mag 2014
[PR]
by fumieve | 2014-05-27 18:29 | 見る・観る
<< フオーリ・サローネ2014〜4... 5万円=275ユーロ!? >>