ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

フオーリ・サローネ2014〜5・シチズン・デビュー

a0091348_19594853.jpg


ほんとにもう、遠い過去のかなたになりつつある、ミラノ・フオーリ・サローネだが、薄らぐ記憶を必死にたぐり寄せると、期間中、それこそ何百もあるイベントの中で、よくメディアに取り上げられていたうちの1つが、Citizen ”Light is Time”。




a0091348_19592388.jpg


ミラノ・トリエンナーレ会場の1室。

a0091348_200093.jpg


入口の壁を入ると、そこは突然、金色の雨降りしきる世界。正確に言うと、「降って」はいないから、霧、というべきか。金貨・・・だろうか?そういえば、昨年、ヴェネツィア・ビエンナーレのロシア館では金貨を降らせていたけど。・・・いや、金貨というにはもっと薄くて、ひらひらと花びらのような・・・

a0091348_2003273.jpg


ああ!なるほど、時計の(なんて言うのか)中身、の部分。あ〜Citizenて、そうか、あの時計の「シチズン」だったか!・・・そうして、金色の霧をくぐり抜けて、時計ワールドに入っていく。精密なメカニズムで正確な時を刻む時計。そのメカが、時計というものが、こんなにも美しく魅力的なものだったことを思い起こされる。

a0091348_19594845.jpg


a0091348_2003658.jpg


a0091348_2001453.jpg


a0091348_2001580.jpg


a0091348_2002337.jpg


a0091348_2002972.jpg


a0091348_2002567.jpg


デジタル時計は嫌いで、腕時計もずっと文字盤のあるものを使っていたが、スマートフォンを持ち始めてから、そういえば時計をしなくなってしまっていた。またきちんと時計を腕にはめてみようか、と思う。


面白い展示はたいがい、大人も子どもも夢中になって見ているもの。特別な仕掛けがあるわけでもない、それでも、ファミリーもカップルも、友人同士も、みんないい笑顔なのがすべてを物語っている。

プロジェクトは、パリを拠点に活動する、Tsuyoshi TaneさんのDGTという3人の建築家によるグループ。
シチズンは意外にも、今回がミラノ・デザイン・ウィークのデビューだったそうで、これはまた来年からの展開が楽しみなところ。

a0091348_2002921.jpg


Citizen
Light is Time
Triennale di Miano (Curva A)
8 apr - 13 apr 2014
www.citizenwatch-global.com/milano/2014/it.html

28 mag 2014
[PR]
by fumieve | 2014-05-28 20:05 | ほかのイタリア
<< パドヴァでミニ女子会、アンティ... フオーリ・サローネ2014〜4... >>