ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

フオーリ・サローネ2014〜6・技術とアイディアと

a0091348_1543267.jpg


伝統工芸とデザインのコラボは、ここにも見ることができる。

古くから金属加工や鍛冶の工場が集まる新潟県の燕三条で、その刃物の刃を支える木工の工房として発展してきたマルナオ。伝統的な利器、工具に加え、今ではその材質としての木に関する知識と技術を生かし、黒檀や紫檀の箸や日用品など、洗練された身の回りの小物を展開している。
代表取締役の福田隆宏さんは、職人であり、自らデザインもおこしている。材質を知りつくし、技があるからこそできる、自信のデザイン。 これもまた、伝統工芸らしさの1つだろう。



a0091348_1543228.jpg


そして実は、ここに展示されている小物の中にも、フランスの某・超高級ファッション・ブランドで販売されることが決まっているものもあるとのこと。さすが、高級ブランドは目のつけどころも違う。

新潟県の燕市、三条市で昨年秋、「工場の祭典(Factory Festival)」と称して、一斉に工場や工房を一般に解放したところ、大変好評だったらしい。
ここでは、そのイベントを、そのまんまミラノで展示しよう、といい試みが行なわれた。ところが、そうはいっても2市にまたがって点在する工場の、ほんものの現場を見学するのと違い、参加工場の製品が、きゅっと箱に押し込められて、並べて展示されているだけ、というのは、オープン・ファクトリーの活気や魅力を想像するだけに、ちょっとさみしい。

a0091348_15435640.jpg


それも、ホワイトキューブな小さなギャラリーでの展示ならばまた違ったかもしれないが、ここは、「ファブリカ・デル・ヴァポーレ」会場の中でも、一番奥の体育館のように大きな部屋。
全体が手仕事ラボラトリーのようになっていて、折り紙教室あり、あるいはボビン・レースの実演あり、と、展示だけではなく、こまごまといろいろなイベントがそれぞれ行なわれている中で、あえて段ボール製なのであろうショーケースは、その本来のよさが全体の中でうまく生かせず、埋もれてしまっている印象を受けたのはとても残念だった。

a0091348_15471350.jpg


a0091348_15465176.jpg


a0091348_1547814.jpg


(余談だが、箱の中に収められている上にガラスが入っているから、どうにも写真が撮れない。)

この広い会場のほぼ反対側で気になったのは、同じ木材を使っていながら、マルナオの研ぎすまされた繊細さからは対極の位置にあるようなこちら。

a0091348_15433621.jpg


これ、実は、ヴェネツィア産。そう、ヴェネツィアでブリコラ(bricola)と呼ばれる、船留めや水路規定、水路標識・・・などなどに使われている、水の中に打たれた杭。
ヴェネツィア市が少しずつ、ひっこぬいては新しいものに交換していく、その引っこ抜かれた古い方をヴェローナにあるこの企業が有償で引き取り、廃材利用しているらしい。廃材といっても、水分と塩分を大量に含み、水による浸食も激しい丸太を、独自に開発した技術で乾燥、塩抜きをし、削って、フローリング用の床材にする。
一見、エコ(ロジー)&エコ(ノミー)なようだが、実際はとんでもなく、エクスペンシヴ(高価)なものだそうで、つまり、ヴェネツィアが好きで、自宅にもヴェネツィアの香りを持ち込みたいというお金持ちがターゲット。いや、実際には香りが残っては大変なので、そこはもう気分だけなのだが。
ある程度の太さがあるものは、そうやって床材にするのだが、細すぎるものは削るとほとんどなくなってしまい、床材に向かない。なのでここで展示していたのは、廃材のさらに廃材というか、こうして卓上小物や、ちょっとしたおみやげになりそうなモノにしてしまおう、というアイディア。なんとも商魂逞しい。

a0091348_15433195.jpg


手仕事とアイディアが交錯する、そんな「ファブリカ」会場は、カッコだけでない、もっと原始的なクリエイティヴへの要求が感じられた。

a0091348_15513366.jpg



a0091348_15432357.jpg


a0091348_15432471.jpg


a0091348_15432651.jpg


a0091348_15433565.jpg


a0091348_15434011.jpg


a0091348_15433869.jpg


a0091348_15435486.jpg


a0091348_15532434.jpg


外の、中庭では、子どもたちが「泥の家」を建てていたりして、さらにエネルギッシュだった。

a0091348_1543474.jpg


http://www.marunao.com/

Fabbrica del Vapore
Via Giulio Procccini 4, Milano
8-16 aprile 2014

31 mag 2014
[PR]
by fumieve | 2014-05-31 15:54 | ほかのイタリア
<< 「センサ」のお祭り、2014〜... パドヴァでミニ女子会、アンティ... >>