ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

「センサ」のお祭り、2014〜また来年会いましょう!

a0091348_073398.jpg


ヴェネツィアのサン・マルコ広場に面した時計塔、いつもと何か違うところがあるのがおわかりいただけるだろうか?



a0091348_072595.jpg


今日は、ヴェネツィアの「センサのお祭り」。
上のカナレットを始め、ヴェネツィアの多くの画家が題材にしてきたこのお祭りは、「キリスト昇天祭(アッシェンシオーネ、Ascensione)からヴェネツィア風に「センサ(Sensa)」となまったもの。もともと移動休日であるイースター(復活祭、イタリア語ではPasqua)からさらに40日後、つまりこれも移動祝日で5月後半から6月初旬のどこかの日曜日になる。

(センサのお祭り、
由来など詳細は、2008年のこちら http://fumiemve.exblog.jp/7075940/
部分写真などは、2011年のこちら http://fumiemve.exblog.jp/12760575/
をそれぞれご参照。)

いい青空となった今日、数年ぶりに見た海のお祭りはやはり壮観。

そして、最初のクイズの答えはこちら。

a0091348_015316.jpg


24時間時計と星座などを示す円盤の上、真ん中の聖母子像をはさんだ両側はふだん、左側にローマ数字で時間を、右側にアラビア数字で5分ごとの分を表示しているのだが、今日はそこにフタがされている。

a0091348_074343.jpg


というのも、この日と、1月6日と、1年に2日だけ、正時の鐘が鳴る際、ここに「東方三賢士」たちが登場する。
派手なしかけもなにもない、ただ、彼らが聖母の前でぎこちなくお辞儀をするだけなのだが、年にたった2日だけのことと思うと、なんとなくありがたみが増す気がする。

a0091348_085316.jpg


彼らに次に会えるのは来年、1月6日。

時計塔の東方三賢士はこちら、 http://fumiemve.exblog.jp/11861951
時計塔の外側についてはこちら、 http://earth-relay.blog.ocn.ne.jp/home/2010/11/post_c2cd.html
中身についてはこちら、http://earth-relay.blog.ocn.ne.jp/home/2010/11/post_74ed.html

1° giugno 2014
[PR]
by fumieve | 2014-06-02 00:17 | ヴェネツィア
<< ヴェネツィアで フオーリ・サローネ2014〜6... >>