ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

半人前ずつ、のダ・マリオ・アッラ・ファーヴァ

a0091348_1662516.jpg


日本なら例えば、4人でレストランや食堂に入って、4人とも違うメニューを頼むのは全く不思議ではないし、あえてそうして「シェア」して、少しずついろいろなものを味わうのは、むしろ当たり前だったりする。
ところがイタリアでは、とくに、比較的価格の安い食堂などでは、4人で4つ、違うパスタを頼むと露骨に嫌がられることも多い。まあ、狭いキッチンで、とくに基本的にはオーダーを受けてから茹でて、ソースにからめたりするパスタの場合、現実に無理だったりすることもあるから同情の余地もないわけではないし、もう最初から、2人前からしか受け付けないメニューもある。

雰囲気もすてきだし、味もなかなか、だけどちょっとお値段もそれだけお高めで敷居の高かったお店。しょっちゅう通りがかっているのだが、4カ国語くらいでびっしり外に張り出されているメニューを、あらためてよく見てみたら、「半人前(metà porzione)」で頼めることが判明!それも限られた品だけでなくほとんど全部、手間を考えると割高になってもおかしくないのに、お値段もどうやらそのまま半分になっている。

100%日本人とはいえ、長いイタリア暮らしで、胃もぐんと広がっている私たち。
ハーフ・ポーションって、ほんとに一口ずつだったらどうしよう?お腹いっぱいにならなかったら、あとで中華によって肉まんでも食べるか・・・といいつつ臨んだ。

・・・で・・・



a0091348_167875.jpg


これはつきだし。こういうのは、しっかりとレストランぽい。
そして、魚介と野菜の前菜。

a0091348_167525.jpg


手打ちパスタの魚介トマト・ソース。(写真、一番上)

牛肉のタリアータ(厚切りのお肉を軽く焼いてスライスしたもの)

a0091348_1662455.jpg


どれも、え?これがハーフ・ポーション?・・・日本では十分、一人前よりも多いかも?というくらいの充実ぶり。そしてどれも、おいしい。

すっかりおなかいっぱい・・・と言いつつ、こうなったらデザートもチェックしなくては!

ミルフィーユ(1000葉)ならぬ、半分だからチンクエチェント・フォリエ(500葉)と勝手に命名。実際は、フル・サイズの2/3 くらいあったかも、だから800葉かな。

a0091348_1662841.jpg


ミント・チョコレートのジェラート、これはどうもフル・ポーションと思われる。(写真は完全にピンポケ・・・涙)

a0091348_1662979.jpg


そして、カフェ。これはもちろん、ふつうに一人前。

a0091348_1663375.jpg


うん、これはなかなかいい。

ただし、ハーフ・ポーション・メニューの場合、お一人様、最低2品のオーダーが必要。
席料、サーヴィス料(12%)は同じだけかかるし、ワインのハーフボトルなどはやはり割高になるから、単純に半分というわけにはいかないだろう。だが、あれこれ・たくさん味見したい日本人としては、大満足。

a0091348_1672272.jpg


中もきれいだけど、この時期は外席が気持ちがいい。

Ristorante “Da Mario” alla Fava
San Marco 5242, Calle Stagnen
Tel. 041 5285 5242
www.ristorantemarioallafava.it

a0091348_1661244.jpg


19 giugno 2014
[PR]
by fumieve | 2014-06-19 16:12 | 飲む・食べる
<< 勅使河原三郎KARAS + 庄... ふつうに、紅茶を。 >>