ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

クロアチアの旅2014・6〜帰りは(初の)プーラから

a0091348_16544347.jpg


リピートのクロアチア・ロヴィニ(Rovinj, Rovigno)、ヴェネツィアからの往復はもちろん船
自宅から、駅に行くより空港に行くバス・バスターミナルよりも近くの乗り場から、これまた町の真ん中に直接到着する高速船で行く楽ちんがまた、リピートの理由の1つでもある。

ところが今回は問題が発生。ぎりぎりに決めたため、往路はなんとか取れたものの、復路が既に満席で予約できず!バス&電車の陸路で帰ることもできるのだが、調べたところ、同じイストリア半島の海岸の町、ポレチュ(Poreč, イタリア語でParenzo)か、またはプーラ(Pula, 同じくPola)からなら、まだ席があることが判明。

一昨年はポレチュ、去年はモトヴン(Motvun, Montona)、と、毎年ロヴィニ滞在中に、プラス1カ所の観光も恒例化していたから、それなら、もともと今回行ってみたいと思っていたプーラに最終日に行こう、ということになった。



a0091348_16544792.jpg


というわけで、今回、帰りはロヴィニでなく、プーラから。
これまた、あのコロッセオの目の前の桟橋から出発。つくづく便利・・・。

同じ会社の船だけど、ロヴィニ発着の船は、必ずポレチュ経由だが、プーラはヴェネツィア直行なので、距離的には少し遠いはずなのに、時間的には少し短く、朝8:00プーラ発、 11:15ヴェネツィア着。

a0091348_16545047.jpg


a0091348_1655102.jpg


ああ、さようなら・・・プーラ・・・クロアチア・・・ヴァカンス・・・(涙)

天気予報ではその日「嵐」の予報が出ていたので、かなり揺れるかも・・・と心配したけれど、雨は朝方まで降っていたものの、船が出るころには日がさしはじめ、海に出るといいお天気になった。

a0091348_16545485.jpg


毎回そうなのだけど、この船、クロアチア人や、クロアチアにヴァカンス滞在中の外国人が1日観光でヴェネツィアに来るための利用がほとんどだから、復路(彼らにとっての往路)では、船内でずっと、ヴェネツィア案内をやっている。

a0091348_16545735.jpg


これは、現地ツアーの案内書。

a0091348_1655144.jpg


そしていよいよ、ヴェネツィアが見えてくると船の中が一斉に高揚するのがわかる。その中で、ヴァカンス終了で否が応にも現実に立ち戻され、気分がどんよりしていく日本人・・・。

また来年も行けるよう、頑張って働こう。

a0091348_1655185.jpg


(クロアチアねたはもう少し続きます)

11 lug 2014
[PR]
by fumieve | 2014-07-11 17:06 | 異国の旅
<< ヴェネツィアに新タイプのジェラ... ヴェネツィアB級グルメ、町外れ... >>