ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

第9回ビエンナーレ・ダンツァ、「マタイによる福音書」

a0091348_1620417.jpg


これもダンスなのか。
単純に、たとえば一枚の絵と比較するとダンスは立体だから3次元、いや、時間経過もあるから4次元というのか。ところが1つの大きな室内で、9つのグループが同時に、別々にパフォーマンスを行なっていて、観客はその間を自由に周りながら、好きな順番に、好きなように鑑賞していい。
そうか、だからこれは、ステージと観客、という形式で観るのになれている舞台もの一般と違って、むしろ、いつもこの会場で行なわれている現代アートのビエンナーレに似ている。



a0091348_16205250.jpg


それぞれのパフォーマンスと観客の間に段差はなく、ただ、床にテープで仕切りが貼ってあるだけ。壁を使った1つをのぞいて、あとはどこが正面というのもなく、四方八方から観ることができる。
その9つはというと、いわゆる美しく鍛え上げられた肉体の、若い男女による激しい「ダンス」もある。だが逆に、そのほとんどは、どう見てもふつうのおじさんやおばさん、いや、おばあちゃんたちもいる、みんなお腹ぽっこりに脇腹も数段、銀髪や白髪の人も多い。そういう劇団の人々なのかとも思ったがそういうわけでもなく、実際にここに参加しているのは、「ダンサー」もいるが、ごくふつうの、ダンスで言えば素人さんのほうが圧倒的に多いらしい。

a0091348_16203393.jpg


そうやって、それぞれのテーマに従って、独立したパフォーマンスを行なっているようでいて、ところどころで、皆一斉に両手を挙げたり、手を叩いたり、あるいはすりあわせたり。室内が一体になる瞬間がある。

a0091348_16204842.jpg


いや実は、この立体以上のパフォーマンスの根底を構成しているのが、合唱。ほぼ中央に作られた、一番大きなステージ、「磔刑」というテーマを扱うここのパフォーマーたちは、演技をしながら歌を歌っている。いや、歌を歌いながら演技をしている、といったほうが的確だろうか?
だから、ここだけ観ると、オペラの合唱に近いかもしれない。
そしてほかの8つのステージでは、その音楽に従いつつ、あくまでも体の動きが中心。

a0091348_16204274.jpg


ビエンナーレ・ダンツァの総合ディレクターを務めた、ヴィルジリオ・シエーニ演出の「マタイによる福音書(Vangelo secondo Matteo)」。
つまり、イエス・キリストの誕生から洗礼、奇跡の数々から受難、すなわち十字架にかけられ、降ろされ、埋葬される、イタリアのみならずカトリックの国ならば、絵画や彫刻などの美術作品でよく知られているテーマから、27のパフォーマンスを創作、一度に9つずつ、3回に分けて披露するという複合的な作品。

公演時間は約45分。
どこかに留まって、1つのパフォーマンスに集中してもいいし、少し離れて、全体を見渡していてもいい。だが、何をどう頑張っても、一度に全てを観ることは決してできない。もどかしい。でも、そうか、しょせん世界のことを全部知るなんて、それこそ天上の神様くらいにしか、あり得ない。
そして、例えば「最後の晩餐」であったり「洗礼」、「ピエタ(慈悲の聖母)」など、ふだんは固まった1つの場面として見慣れたテーマを、体の動きという手段でどう表現するか。「磔刑」や「エジプト逃避」など、それ自身に「動き」を含むテーマであっても、決してそのまま演技しているわけではない。絵でいえば抽象画。そして、「個」の集まりとしての「群」の力と美に気付かされる。

a0091348_16203044.jpg


1回めのサイクルは7月4-6日に既に終了、私が見たのは第2サイクルで11-13日、最後第3サイクルは17,18日に予定されている。ただ27の作品は時系列ではなくランダムなので、全部観なくても全く問題ない。

公演中は一切、写真、映像撮影禁止。
ここに載せたのは、6月に建築ビエンナーレを見学中、その会場内で行なっていた練習中に撮影したもの。なので、今回の公演では観ていないと思われるものも含まれる。

a0091348_16204935.jpg


このブログ、自分で読み返して、あの場の感動が全く表現しきれていないことがつくづく悔しい。
また、前回「ビエンナーレ・ダンツァ、本日まで!」と紹介してしまったが、こちらの演目は特別編で7月に入ってから開催。

a0091348_16205828.jpg


Vangelo secondo Matteo. 27 quadri coreografi
di Virgilio Sieni
4-18 luglio, Venezia
Corderie dell’Arsenale, Teatro alle Tese
http://www.labiennale.org/it/danza/9-festival/docs/vangelo-secondo-matteo.html

a0091348_16205447.jpg


13 lug 2014
[PR]
by fumieve | 2014-07-13 16:28 | 見る・観る
<< クロアチアの旅2014・7〜い... モザイクの旅・番外編〜プーラ、... >>