ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ヴェネツィア家庭料理はお肉も充実、アンティーカ・アデライデ

a0091348_15494291.jpg


ここはクロアチア?それとも夏祭り

・・・みたいな、各種お肉のグリル盛り合わせがヴェネツィアで普通に食べられるなんて。



a0091348_1550691.jpg


隠れ家レストラン、というほどでもないけれど、人通りの多い通りから1本入っただけの、ひっそりとした通りに面したこのお店。ヴェネツィア人オーナー兼シェフが、「おばあちゃんのメニュー」を提供している。 ときには、国立図書館に行って、昔のレシピを調べてくることもあるとか。だから、「牛レバーのタマネギ炒め」のような、ヴェネツィアなら今でもどこでも食べられるメニューもあるけど、伝統料理とはいえ、他では見かけない、めずらしいものも多い。 地元の年配の方が食べにきて、「そうそう、コレ、なつかしいなあ〜」と喜んでくれることも多いらしい。

a0091348_15495994.jpg


「新しい料理でなくて古い料理」を出す、と言い切るのもかえって新鮮に感じる。

a0091348_15495371.jpg


今回、特においしかったのがこちら、牛肉のミルク煮。

a0091348_15493248.jpg


a0091348_1550376.jpg


レトロなバールもなかなかすてき。

a0091348_15502495.jpg


Oteria Antica Adelaide
Cannaregio, 3728 (Calle Priuli Racheta)
Tel. 041 5232 629

a0091348_15501137.jpg


27 lug 2014
[PR]
by fumieve | 2014-07-27 15:54 | 飲む・食べる
<< 「自然のジェラート」、ジェラー... こちらも忘れずに!サン・ジャコ... >>