ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

金曜日の夜は美術散歩

a0091348_6114524.jpg


イタリア全国の、国立の主な美術館、博物館が、毎週金曜日は夜10時(例外あり)まで開館することになった。

ヴェネツィアは、アッカデミア美術館がその対象になっている。



a0091348_6115085.jpg


全てのリストは以下の通り。10時でなく、9時、または9時半までのところもあるので要注意。また、これに合わせ、いろいろなイベントを行なっているところもある。

ヴェネツィア
アッカデミア美術館

フィレンツェ
ウフィッツィ美術館、アッカデミア美術館、メディチ家礼拝堂、バルジェッロ美術館

ローマおよび近郊
コロッセオ、サンタンジェロ城、バルベリーニ美術館、エトルリア博物館
ティヴォリのヴィッラ・デステ
ティヴォリのヴィッラ・アドリアーナ

ミラノ
ブレラ美術館

トリノ
王室付属武器庫、古代博物館、王宮

ナポリおよび近郊
王宮、カポディモンテ美術館、サン・マルティーノ美術館、サンテルモ城、考古学博物館、
パエストゥム考古学博物館
カゼルタの王宮
ポンペイ遺跡群
エルコラーノ遺跡群

トリエステ ミラマーレ城
シルミオーネ 考古学博物館およびカトゥッロの洞窟
マントヴァ パラッツォ・ドゥカーレ

ウルビーノ 国立美術館
グラダラ グラダラ城

ペルージャ 国立美術館

バーリ ホウエンシュタイン城
アンドリア モンテ城
ターラント考古学博物館
 
レッジョ・カラブリア 国立考古学博物館

a0091348_637410.jpg


ヴェネツィアのアッカデミア美術館は、現在改装中でもあり、もともとそれほど混雑しているところではないが、それでも、(これがまだあまり知られていないため)館内はガラガラ、ゆっくり回って、好きな絵の前でじっくりいられるのは嬉しい。

a0091348_6375319.jpg


今回のはからいは、文化省の改革事業の1つなのだが、同時に1つ画期的だったのは、館内での写真撮影が、個人使用目的、フラッシュなしであれば可能になったこと。どこまで徹底しているのかわからないが、とりあえずヴェネツィアのアッカデミア美術館では、チケット売り場のカウンターであらかじめ、写真を撮りたい人はサインをするようになっていた。

a0091348_63784.jpg


a0091348_6383122.jpg


a0091348_6383896.jpg


作品全体はもちろんなのだが、好きなように、好きなところによって撮ることができるのは、例えば布フェチの私としてはかなりありがたい。

a0091348_6375972.jpg


監視員にとっても、言葉の通じない観光客相手に一日中、「ノー・フォト!」と言って神経を尖らせているよりはずっとマシだろう。

a0091348_6114371.jpg


1° agosto 2014
[PR]
by fumieve | 2014-08-02 06:42 | 見る・観る
<< トリエステのローマ劇場 ヴェネツィアの夏は、夕暮れ >>