ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ヴェネツィアにおしゃれなピッツェリア登場

a0091348_16451129.jpg


ヴェネツィアの最重要観光地の1つ、リアルト橋(Ponte di Rialto)至近、カナル・グランデ(Canal Grande)に面した超一等地に、おしゃれなピッツェリアが登場した。




a0091348_16455074.jpg


a0091348_16454731.jpg


ピッツェリア、といってもパスタやメインなどのレストラン・メニューもあり。
そしてヴェネツィアらしく、 入口のカウンターや入口の前庭席で、ヴェネツィア風に立ち飲み&おつまみも可能。

a0091348_164558100.jpg


こちら、つきだしのガスパチョ(スペイン風冷製スープ)。伝統的なピッツェリアではありえない、こじゃれたサーヴィスにびっくり。

a0091348_16461327.jpg


a0091348_1646289.jpg


ピッツァは、スローフード・マークのついた、こだわりの食材を使ったもの多し。お魚のカルパッチョが乗っているような変わり種も。

a0091348_16452122.jpg


a0091348_16451721.jpg


a0091348_1645336.jpg


ピッツァがおいしい!ということで、ほとんどピッツァしかまだ食べてないけれど、ほかのものも試してみなくては!

・・・が、ここで伊製英語の罠が1つ。
イタリアではなぜか、日本語で言うところの「ハンバーグ」のことを、「humberger (ハンバーガー)」と言う。では、日本語で言うところの「ハンバーガー」はというと、「panino di humberger(ハンバーガーのパニーノ)」となる。
スーパーなどのお肉売り場では、だから、ハンバーグのことをhumberger と表示してあったりするのだが、最近はヴェネツィアでも、アメリカン・カジュアルな軽食を出すお店が増えてきたから、てっきりここでも「ハンバーガー」のことかと思った友人がオーダーしたところ、「ハンバーグ3点セット」が出てきた、というオチ。

a0091348_16535560.jpg


これはこれで十分においしかったようだけど、メニューの中で、メインの1番上にあるhumbergerを「ハンバーガー」だと思って頼むと違うものが出て来るので注意が必要。

余談だがイタリア語ではもともと、ハンバーグのことをスヴィッツェラ(svizzera)とも言う。Svizzera はずばりスイスのことで、それはそれで不思議なのだが・・・。

デザートもすてき。

a0091348_16454521.jpg


a0091348_16454146.jpg


a0091348_16453781.jpg


Ristorante Pizzeria Vinaria
San Polo, 1097
Tel. 041 2410665
www.vinariaristorante.it

a0091348_16522075.jpg


22 ago 2014
[PR]
by fumieve | 2014-08-22 17:01 | 飲む・食べる
<< ゴルドー二劇場にて、ゴルドーニ... コペンハーゲンの夏・8〜「ウェ... >>