ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

恒例、夏の金曜夜はオルガン・コンサート

a0091348_15425358.jpg


毎年、夏の夕涼みと楽しみを兼ねた野外映画館が今年はなくなってしまった。
雨も多くかなり涼しめな今年は、どうにも家にいられないほど暑い日はほとんどなかったが、すっかり習慣になっていた夏の名画鑑賞がない物足りなさは変わらない。

幸いなことに、毎週金曜日のオルガン・コンサートはこの夏も健在だった。




a0091348_1543334.jpg


今年で第4回になる国際オルガン・フェスティヴァル、夏の間の毎週金曜日にヴェネツィア内の教会で行なわれるのだが、オルガン・ソロ、あるいはほかの楽器との合奏、とヴァリエーションが豊かなのも楽しみの1つ。

そういえばこの日は、ソプラノが日本人の方だった!と思い出して、慌てて用事を済ませて少し遅れてかけつけたら、会場は満席、椅子に座りきれない人々が、両脇の礼拝堂の石段に腰掛けていた。

このイヴェント、町の中にポスターもたくさん貼ってあるし、地図やガイドブックを手にした、観光客らしき姿もちらほら。だが、ほとんどは地元の、そのあたりの住民らしい人々でいっぱいになっているのに感心する。
もちろん、タダだから、ということもあるだろう。タダだからこそ、ある程度楽しんだところで席を立つ人もいる。(注、入場は無料、ただし寄付を求められる。5ユーロ以上が好ましいが、あくまでも任意だし小銭でもよし。)
だが、金曜日の夏の宵、こうして宗教音楽を聴きにくる人が多いことにも、また、普段着で下駄履きで、ご近所でこんなすばらしい演奏を楽しめてしまう環境にも、素直に、すごいと思う。

a0091348_1542576.jpg


このコンサートではすでに「おなじみ」のオルガンの荘厳な音に、優しく豊かな歌声が、まるで天から降ってくるように、キラキラと地上に舞う。
終わったときに皆が、当然のように立ち上がって大きな拍手を送っていた。

a0091348_1543588.jpg


・・・こういう催しは、(たとえタダでも)たいがい2人連れで来る人が多いのだが、今回、シングルなオジサンが多いのに気がついた。・・・いつもそうなのだろうか?・・・それとも今回は、美人ソプラノさんの写真が出ていたからだろうか?(笑)男性オルガニストのソロの日はどうなのか、リサーチしてみたい気もするが・・・。

a0091348_1543041.jpg


8月22日のプログラム

Chiesa di San Trovaso
Organo : Christian Tarabbia
Soprano: Atsuko Matsui

a0091348_1542979.jpg


(写真暗くて失敗・・・すみません・・・)

Antonio Vivaldi (1678-1741)
Nulla in mundo pax sincera

Girolamo Frescobaldi (1583-1643)
Capriccio sopra la bassa fiamenga (organo solo)

Antonio Vivaldi (1678-1741)
Domine Deus

Johann Sebastian Bach (1685-1750)
Aria “Schlummert ein”
Toccata in re minore BWV 913 (organo solo)

Giovanni Morandi (1777-1856)
Tantum ergo per organo e soprano

Carl Philipp Emanuel Bach (1714-1788)
Sonata in re minore W65/24 (organo solo)
Adagio, Andante, Andantino, Adagio, Alla breve

Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)
Laudate Dominum K339

Giulio Caccini (c.1550-1618)
Ave Maria

9月14日まで、毎週金曜日21時から。
会場、プログラムは毎回変更になるので、サイトなどでよく確認を。

4° Festival organistico internazionel Gaetano Callido
concerti di musica sacra
30 mag - 14 settembre 2014
tutti i venerdì alle 21
http://callido2012.tumblr.com/programma

a0091348_15425113.jpg


25 ago 2014
[PR]
by fumieve | 2014-08-25 15:46 | 聞く・聴く
<< コペンハーゲンの夏・10〜船に乗って コペンハーゲンの夏・9〜さすが... >>