ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

コペンハーゲンの夏・10〜船に乗って

a0091348_18153564.jpg


パリでもロンドンでも、ヨーロッパの町はたいてい川の両岸に発達しているから、観光客向けの遊覧船ツアーは手っ取り早くて、これが結構楽しい。

コペンハーゲンの名所、ニューハウン(Nyhavn)の運河では、さすがに夏のハイシーズンとあって、そんな遊覧船がひっきりなしに出たり入ったりしている。ここも堂々の下調べゼロ、だが、だいたい、だまされるとかボラれるとかそういう感じが全くしないし、とくに比較検討もせずに、ぱっとそこにいたのに乗った。



a0091348_18291986.jpg


出発進行〜!

a0091348_18302432.jpg


対岸に渡る工事中の橋の脇を抜け、

a0091348_18153053.jpg


すぐ左手にあるのが王立デンマーク劇場(The Playhouse)。

a0091348_18154254.jpg


右前方に現れるのがオペラ座。モダンな大型な建物が、いきなり2つ、劇場だということに驚く。

a0091348_18155358.jpg


これは・・・なんだっけ・・・?

a0091348_18155591.jpg


a0091348_18155949.jpg


町の中心部からはかなり離れたところにある、人魚姫の像。
そして、ここでUターン。

a0091348_1816698.jpg


・・・なんだっけ?・・・

a0091348_1816850.jpg


もう一度、オペラハウスと

a0091348_18161055.jpg


劇場を見て、

a0091348_18161253.jpg


Christianshavn 地区へ。

a0091348_18161850.jpg


細い運河の両側に、プライヴェートのヨットがぎっしり。

a0091348_18162149.jpg


a0091348_18162364.jpg


a0091348_18162679.jpg


a0091348_18162783.jpg


Von Frelsers Kirkeの鐘楼。教会自体は1682-96に建てられたものだが、鐘楼は1749-52年に追加されたらしい。橋をくぐる前とあと、建物の隙間から姿を見せる。

a0091348_18213135.jpg


a0091348_18225597.jpg


・・・なんだっけ?・・・

a0091348_18314550.jpg


国立図書館は通称「ブラック・ダイヤモンド(Den Sorte Diamant)」!

a0091348_18352843.jpg


a0091348_18224068.jpg


a0091348_18351519.jpg


町の中心部のほうへ入って・・・

a0091348_18233519.jpg


クリスチャンスボー城(Christiansborg Slot)の裏側(?)の門。

a0091348_18233490.jpg


その脇の運河を通って・・・

a0091348_1824108.jpg


a0091348_18245759.jpg


こちらは旧証券取引所のきりきり舞いタワー(注、勝手に命名)。

a0091348_18251642.jpg


デンマーク建築センター。・・・なんだかもう、いちいちすてきに見える。

60分のコースで、広い運河から狭い運河、おとぎの国から現代建築、そしてお天気までもが晴れたり曇ったり、雨がぱらついたりと大忙しの盛りだくさんで、もとのニューハウンに戻ってきたときには、船に座っていただけのはずなのに、ヘトヘトに疲れていた。

a0091348_1829254.jpg


蛇足・・・
私が乗った船のガイドさんは、デンマーク語と英語。もともとそれしかないだろうと思っていたのだが、あとから確認したところ、もう1つの船会社のほうは、言語もヴァリエーションが多くて、時間により、イタリア語もアリ。・・・というか、「本日17:15、イタリア語専用ツアー」という案内もあり・・・タクシー乗り場同様、何サマなんだイタリア人・・・ ああ、それなら楽だったな、という思い半分、恐ろしくて乗りたくないような気分半分・・・。

26 ago 2014
[PR]
by fumieve | 2014-08-26 18:37 | 異国の旅
<< 第71回ヴェネツィア映画祭・1... 恒例、夏の金曜夜はオルガン・コ... >>